C
その論争の系譜
リードされダグラ

NOTE: This is a computer-translation. Please assist with a better one! My e-mail address on intro-page
注:これは、機械翻訳です。より良い1つのご支援を! e - mailアドレスをオープニングマイページ

Original English Text -オリジナルの英語のテキスト


ダグラスリードとユダヤ人
by Knud Eriksen エリクセンをknud

In Dronten no. でdronten ない。 4 (“ T he Dodo ”) I first mentioned the once world famous foreign correspondent and author, Douglas Reed, who went from being widely known and respected before, during and after the II.nd World War to becoming an expelled and completely forgotten person. 4 ( " トン 彼はドードー " )私 一度最初に言及して世界的に有名な外国人特派員と著者は、ダグラスリード、 whoはより広く知られ、尊敬する前に、 ii.nd次世界大戦中とした後、追放になると、完全に忘れてしまった人です。

Why was he “forgotten”? なんで彼は"忘れてしまった"ですか?

It was simply because he wrote about “The Jewish Question!” それを書いたというだけの理由については、 "ユダヤ人の質問! "

International Jewry responded to his frank description of the problem with total censorship, so that his new books could no longer be printed and the old ones would disappear gradually from the bookstores and even from the library shelves. 国際ユダヤ民族対応して彼のフランクの説明を検閲の問題をトータルように、彼の新しい書籍のことは、もはや古いものに印刷され、徐々に消えてからは、さらに書店の棚からのライブラリです。

After a short period of slandering he was no longer mentioned at all in the world's media. slanderingした後、短期間での言及は、もはや彼は、世界のすべてのメディアです。

As the author Ivor Benson (who has himself written a book on this subject: The Zionist Factor ) says in the foreword to Douglas Reeds masterpiece The Controversy of Zion , which had to wait 22 years before it could be published, “the adversity, which Reed encountered, would have made a lesser personality give up. の著者としてivorベンソン( whoは、自分の本が書かれたこの件名: シオニスト因子 )は言うダグラスの前書きに、論争の葦の傑作ザイオン 、待っていた22年前に公開されることが、 "逆境にリード検出されると、それほどではないに人格が作らあきらめる。 But not he“. しかし、彼はない" 。

After his expulsion from the zionist-controlled media-world, he found himself free to start this most outstanding work, which all the years as a foreign correspondent in Europe and his earlier books had only been a preparation and an education for. 彼からの除名した後、シオニストの支配下にあるメディアの世界は、彼は自分を自由にこのもっとも優れた仕事スタート]ボタンを、これ年間のすべての外国人特派員として、ヨーロッパや彼の以前の書籍のみ確認されていたとする教育を準備中です。 His vision expanded from year to year and from book to book. 彼のビジョンの拡大を翌年に繰り越すから本を予約します。 It was an education, which was not available in any university.” それは、教育、これは、任意の大学では利用できません。 "

He spent more than three years away from his family in the early fifties in New York Central Library or in front of his typewriter in modest surroundings in New York and in Montreal. 彼は3年以上の家族から離れて50年代初めにニューヨーク市内のホテルの前に中央図書館や彼のタイプライターでささやかな周辺のモントリオールに、ニューヨークとします。 He rewrote the whole book with an epilogue i 1956, where the uprising in Hungary and the Suez-war were scrutinized as further examples of the talmudic co-operation between communism and zionism. 彼は全体の本に書き直しエピローグ私1956年、ここでは、ハンガリーでの暴動とスエズ戦争がより詳細な例を精査するとしてtalmudic共産主義とシオニズムの間の協力です。 Then, as mentioned, the book had to wait 22 years for a possibility of getting published! 次に、前述のように、その本は22年に待機する可能性が就学許可証の公開!

It is instructive to observe how Douglas Reed gradually penetrates deeper and deeper into the Jewish problem from that time, when he had hardly even thought about it in 1935 (as he writes in The controversy of Zion ) until he delivers his harsh judgement in the shape of The controversy of Zion. どのように観察することが有益ダグラスリードを徐々に深く貫通ユダヤ人問題からその時、彼は考えたことさえほとんどは、 1935年(平成彼の書き込みは、論争の系譜 )まで、彼は、彼の過酷な判決の形ザイオンは、論争のです。

The mood of gloom and doom is not his own, but due to the gloomy character of the subject, as he says in the epilogue to the book. 気がめいるのムードを自由自在に自分自身のではない、しかし、悲観的な性格のために、被写体、と彼は言いますとしては、エピローグを予約します。 In the cause of his work he has felt the evil as an almost physical presence in the plans, he reveals. 彼の作品は、彼が感じたの原因として、邪悪な計画のほぼ物理的な存在感を、彼は明らかになった。 As “forces from some dinosaur-lair projected into the twentieth century.” But, he says, it is not for him to judge, what is evil. として"軍からいくつかの恐竜-派手な服装を投影するのは、 20世紀です。 "しかし、彼は、彼を判断することではない、何が悪いです。 God must have had an intention, in his wisdom, to allow this evil to exist, possibly for the progress of the soul. 神の意思必要がありますが、彼の知恵は、これを許可する悪が存在する可能性は、魂の進捗状況についてです。 But in that case he, himself, feels like being also a part of God's creation, who has the duty to reveal this evil, so that human beings can be set free from it. しかし、その場合に彼は、自分自身、感じのような部分もあるが、神の創造、 whoには、邪悪な義務を明らかにこのように、人間が自由に設定してください。

Ivor Benson follows this line of thought in the epilogue to his own book on the subject (1986) The Zionist Factor, as follows: “There is no Jewish problem per se , only a gigantic 20th century problem, in which the fate and responsibility of Jews and Christians are inseperably intertwined”. ivorベンソンのこのラインを次のように考えていたエピローグを自分の本をアジ研( 1986 ) 、シオニストの要因は、以下のとおり: "ユダヤ人問題自体がない、巨大な20世紀の問題のみをされるのは、運命と責任ユダヤ人とキリスト教徒が絡み合うinseperably "です。 The irresponsible world power, built on money and dominated by Jews, is, in its outstretched cob-web something, that we have all allowed to grow big and strong through our irresponsibility. 無責任な世界の電力、お金と構築されたユダヤ人に支配され、が、その広げてコブ-ウェブ、何かを私たちはすべて可と大きくて強いを通して私たち無責任です。

But if this power has now grown so strong, that it cannot be stopped, but must be allowed to continue its predestined course, until, finally, it devours itself like a worldwide wolf, what use is it then to us to get to know and fully understand what goes on in the world?” しかし、もしこのパワーは、今すぐに成長あまりにも強いので、それを停止することはできませんが、許可を続行する必要がありますそのpredestinedコースまで、最後に、それ自体のように世界devoursオオカミは、どのような入力して使用することは先のことを知ると完全に理解するの世界で何が起こってですか? "

Ivor Benson answers this as follows: “a short answer is given in a christian concept with even older sources: “ Thou shalt know the truth and the truth shall set you free.” この回答ivorベンソン以下のとおり: "短い答えは、キリスト教の概念を与えられたにも古いソース: " なたshaltの真実を知っている限り、真実と設定して無料です。 "

In 1938 Reed wrote his first major – and world famous – book, Insanity Fair , which was published in at least 35 editions in English and published in danish, also in 1938, in 5 editions. 1938年の最初の大きなリードを書いた-と世界的に有名な-予約、精神病公平な、これが公開さには、少なくとも35エディションでは英語と公開さデンマーク語、また、1 9 38年は、 5エディションです。 In Danish the title was “Galskabens Kavalkade” (can still be ordered from the library). デンマーク語のタイトルは" galskabens kavalkade " (ライブラリからのご注文ことができます) 。 It is scarcely 400 pages and is a mixture of an autobiography and a political description of Europe up to- and during the Second World War. これはほとんど400ページとは、混合液の自伝とヨーロッパ最大の政治的な説明と第二次世界大戦中です。

His predictions of major political events were for many people surprisingly accurate at a time, when the “responsible politicians” of the West were acting in direct opposition to his advice and interpretations, and the unifying principle of the book is one long warning against the threat from Hitler-Germany. 彼の予測の主な政治的なイベントは驚くほど多くの人々を正確にするには、ときに"責任ある政治家"は、西は彼の行動に反対の立場を直接の助言と解釈し、統合の原則この本は、 1つの長期の脅威に警告を発するヒトラー-ドイツからです。

But simultaneously he had, among other things, a few critical remarks about the jews, which he had observed and come to know during his many travels as a reporter in Europe. しかし、同時に彼は、他のもののうち、いくつかの重要な発言については、ユダヤ人を、観察していた時に彼を知って来るの記者としてヨーロッパの多くの旅行です。 In his second book he deals with the subject of the jews a great deal more thoroughly. All of two chapters out of 37 are dedicated to his “becoming clear as crystal“ on the subject, as he says. This book from 1939 had the english title “ Disgrace Abounding ” and in danish (also 1939) “Grænseløs Skændsel”. 彼の2番目の話題を扱う予約彼は、ユダヤ人を徹底的に非常に多くの他のすべてのアウトの37の2つの章に打ち込んでいる彼の"として明確になりつつ結晶"で、被写体、と彼は言う。 1939年からこの本は、英語タイトル" 不名誉たくさん "と、デンマーク語( 1939 ) " grænseløs skændsel "です。 (It can still be procured from deposit libraries). (調達することができますから預金のライブラリがあります) 。 The book – almost 500 pages – was also a description of the prewar conditions, as he knew them in his capacity of being one of the leading foreign correspondents in Southeastern Europe, and through his close personal acquaintanceship with many of the leading politicians of the time. その本-約5 00ページ-は、戦前の条件て説明しても、彼の能力を彼は知っていたことが1つの主要な外国人特派員南東ヨーロッパ、およびを通して彼の個人的な交際を閉じると、有力政治家の多くは、時間です。 It was yet another long warning against Hitler-Germany and a reproach of the erroneous Western politics, in which he could not find the logic. 警告を発することはまだ別の長いヒトラー-ドイツと欧米の政治を非難するのは誤りでは彼の論理が見つかりませんでした。

As far as the Jews are concerned, he is definitely far more crystally clear in this book than in the previous one, where there were actually just a few good-natured teasing remarks about them. 関係者の中ほどのユダヤ人が、彼は間違いなくこの本をはるかにcrystallyを明確にさよりも、以前の1つ、ここで実際にはほんの数気立ての良い発言についてのからかいします。

I have, in Dronten no. 私は、 dronten ないのです。 6 , (danish) reproduced both of these two chapters and a couple of other interesting descriptions of the Jews in Europe, seen through his eyes, under the menu (in Dronten ): “Grænseløs Skændsel” ( in English here “ Disgrace Abounding ” and here - the rest of the book at the website " Douglas Reed Books "). 6 、 (デンマーク語)の両方の再現と、これら2つの章の説明をするカップルの他の興味深いユダヤ人ヨーロッパでは、彼の目を通して見たとき、メニューの下に( dronten ) : " grænseløs skændsel " (英語ここで" たくさんの顔に泥を塗る "とここで -この本の残りの部分は、以下のウェブサイト"ダグラスリード図書" ) 。

By this time he no longer holds any doubt, that there is most certainly a serious Jewish problem. この時点で彼は、もはや保持され任意の疑いがあるユダヤ人が最も確かに、深刻な問題です。 From the on he would get to study the problem thoroughly through the following ten years. から取得し、彼は問題を徹底的に研究してからは、次の10年間です。

His well-intentioned advice, that the Jewish problem could only be solved by the Jews getting their own nation (but not by killing arabs), was abandoned by him again, when his studies of talmudic zionism, and the eventual establishment of Israel, demonstrated to him, that the Jewish question implied much more than just that, and was now so much bigger. 彼の善意のアドバイスは、ユダヤ人は、問題が解決されたユダヤ人のみが自分の国の就学許可証(アラブ人を殺すことはできません) 、捨てられた彼は再び、シオニズムtalmudicときに彼の研究は、最終の確立と、イスラエル、実証をしてしまったら、黙示的な質問は、ユダヤ人以外にも、多くは、今すぐとは、はるかに大きいようです。

Also, he discovered, it had in reality been laid down in an ancient plan for world-conquest. また、彼は発見され、それが現実にダウンされて世界的には、古代の計画を征服します。

He wrote a few more books which he managed to get published somehow (see the list in Dronten no. 4, under the menu “ Bibliography ”- and now (in english) the homepage Douglas Reed Books, red . ). 彼はいくつかの他の書籍を書いた彼は何らかの管理を取得公開(詳細については、リストにないdrontenです。 4 、メニューの下に" 構造 " -と今すぐ(英)のホームページにダグラスリード書籍、赤色に点灯します。 ) 。

After the books Somewhere South of Suez (1949) and Far and Wide (1951), which are not translated into danish, Reed was practically banned by the most important publishers and bookstorechains because of his ever more clear description of the Jewish problem. 書籍のどこかの南の後にスエズ ( 1949 )と遠くまで広がって ( 1951 ) 、デンマーク語に翻訳されていない、リードは、事実上禁止されている最も重要な彼のために、出版社やbookstorechainsまで以上に明確な説明書は、ユダヤ人の問題です。 He does not end up by being optimistic concerning the solution to the problem, as he actually thinks that only God can solve it – in time. 彼は楽観視され、結局に関する問題の解決策を、彼は実際にそれを解決できると考えているかは神のみ-の時間です。 Nevertheless, it is also his opinion, that the suffering of mankind, including the Jews, which will result in the meantime, until this solution will appear, may be reduced and shortened by people learning the truth about “The Contorversy of Zion”. にもかかわらず、彼の意見でも、その人類の苦しみに、ユダヤ人を含め、これにより、差しあたっては、この解決策が表示されるまで、 5月に短縮され、学習の真実を知る人々に短縮され、 " contorversyの系譜"です。 In this issue of Dronten (no. 6), I have translated, into danish, two more chapters of this – in my opinion – vital work. この問題を解決するのでdronten (ナンバー6 ) 、私は翻訳をデンマーク語、 2つの章では、次の-私の意見で-重要な仕事です。 With the knowledge, which the book gives the reader, he understands the real background of the invasion of foreigners in The West, the globalisation and the break-down of nations, culture and morals. とする知識を、この本は、読者が、彼を理解して本物の外国人の侵攻を背景にしては、西は、グローバリゼーションとの内訳は、国には、区切りの、文化や道徳です。 Here, finally, I will relay Douglas Reeds own description of the problems of the banning of Disgrace Abounding - “ Aftertale ” in the book), and in this way introduce this, his encyclopaedic masterpiece, The Controversy of Zion ”: ここでは、最後に、私はリレーダグラス葦の問題を自身の説明書は、 たくさんの顔に泥を塗るの禁止を-" a ftertale"を予約) 、および、この方法を導入するには、彼の百科事典の傑作は、論争の系譜" :

.........”Chance, and possibly my own sense of timing, enabled me to write additional chapters for Insanity Fair immediately after publication, and this time the same thing has happened again. ........."チャンスは、おそらく自分自身の感覚とタイミング、有効になって私をここの章を追加した直後に精神病公正な出版と今回は、再び同じようなことが起こった。 But on this occasion chance has enabled me, in the additional chapter, to give you the best possible example of the way organized world-Jewry works and of the immense power it wields in goading world-opinion against Germany. しかし、この時に当たってのチャンスが有効になって私は、追加の章では、最良の例を与えるのを組織化する方法を世界的にユダヤ民族作品や巨大な権力行使して世界的に意見に対するドイツgoadingです。 I imagine anybody who has read these two books will realize that I hold Germany to be a menace to England, but that I do not identify the cause of England with that of the foreign Jews. 誰でも想像whoは、これら2つの書籍を読む私は実感して開催されるドイツの脅威を、イングランド、しかし、というわけではないイングランドの原因を識別するためにしている外国人のユダヤ人です。

After I wrote Insanity Fair I was swamped by offers from American publishers for my next book. 精神病を書いた後、 公正な私はアメリカの出版社からのオファーをせき立てられた私の次の予約します。 I signed a contract with one firm. 私との契約を1つの会社に署名します。 When I began Disgrace Abounding I did not know that it would be an anti-Semitic book. 私が始まったときにそれを知らなかったもんでたくさんの顔に泥を塗ることが、反ユダヤ主義の予約です。 The anti-Semitic part is the result of my observation of the Jews in the last year and of my conviction that the mass influx of Jews to England is a political mistake and a national misfortune. 反ユダヤ主義の結果の部分は私が観察したところ、ユダヤ人の最後の年と私の信念に基づいて、ユダヤ人の大量流入をイングランドは、政治的なミスと国家の不幸です。

The American publisher, after reading Disgrace Abounding , declined to publish on the ground that the Semitic part was 'slanderous and libellous'. アメリカの出版社、 たくさん恥を読んだ後、刊行を拒否して地面には、ユダヤ人の部分は'人を中傷すると名誉棄損の' 。 Read the Jewish part for yourself and see if this is true. ユダヤ人の部分を読んでいるかどうかを自分でこれは本当です。 I, for my part, declined to have the book published anywhere without the Jewish chapters.私は、私のパートは、どこでも拒否しては、予約なしのユダヤ人の章で公開します。 The real meaning of that decision is that, in America, you may 'slander and libel' Germany as much as you like, and be paid for it, but you must not discuss the Jewish problem, you must not assert that there is a Jewish problem. の本当の意味での意思決定は、アメリカでは、場合があります。 '名誉毀損'ドイツ好きなだけ、と支払われるが、ユダヤ人問題について議論する必要がありますが、特定する必要がありますが存在することを主張するユダヤ人問題です。 Other American publishers declined the book on the grounds that they could not publish the Jewish chapters. 他のアメリカの出版社の本を不承認の理由を公表することができるとはユダヤ人の章で述べます。 One of them, not a Jew, said that an American publisher would court misfortune by publishing it, because 90 per cent of the American newspapers are Jewish, and the Jewish influence extends in similar proportion throughout the whole ring of trades connected with publishing. それらの1つではなく、ユダヤ人、アメリカの発行元が裁判所によると、不幸を公開し、 90パーセントのため、米国の新聞はユダヤ人、ユダヤ人と同様の割合で影響力を拡張して取引を張り巡らせる接続を発行します。

I see very little difference between the Jewish and the Hitlerist method, in this matter of free speech and free discussion. なるほどユダヤ人の違いはほとんどないとhitleristメソッドは、この問題と言論の自由の自由な議論です。 The Jews are for free attacks on Germany, nothing else. ユダヤ人はドイツの攻撃を無料で、何もありません。 The same thing happened in some of the Scandinavian countries, where Insanity Fair had great success and where publishers were clamouring for the next book - until they saw the Jewish chapters. 同じことが起こったのいくつかの北欧諸国、ここで公平な精神病では大成功と、次の予約をサイト運営者がclamouring -章まで見て、ユダヤ人です。 They asked to be allowed to publish the book without them. 彼ら求められることができるように公開して予約なしている。 I refused. 私は拒否されました。 The same thing happened in France even with Insanity Fair , where a publisher contracted for the book who apparently could not read English and only realized when he saw the French translation that there was a few passages in it which he did not consider sufficiently favourable to the Jews. フランスでも同じことが起こったと精神病公平な 、ここで、書籍を出版社と契約を読み取ることができませんでしたwho明らかに実現するときにのみ英語とフランス語の翻訳がある彼はいくつかの通路には、彼はそれを十分に考慮して、良好なユダヤ人です。 He demanded their excision, I refused, and he sold the contract to another firm. 彼の要求に切除、私を拒否した、と彼は販売の契約を別の会社です。

So only in England, as yet, and possibly in France -- although I do not yet know whether this book will appear in France -- may a non-Jew openly discuss the for and against of the Jewish question. これだけは、英国の、まだありませんし、おそらく、フランス-ものの、まだ私はこの本が表示されるかどうかを知る、フランス- 20 07年5月、非ユダヤ人を公然と議論するとの質問に対しては、ユダヤ人です。

The importance of this, for you, is that you should realize that what is presented to you as 'American approval' or 'American disapproval' of this or that action of British policy is not American but Jewish opinion, and that this puts quite another face on the matter. これの重要性を、あなたは、どのようなことが実現することが提示されます'アメリカン承認'または'アメリカン不承認'または、その操作は、次の政策ではないブリティッシュアメリカンしかし、ユダヤ人の意見によれば、これによって全く別この問題に直面しています。 If you are to fight Germany again, you must do it for England's sake. ドイツと戦う場合には再度、しなければなりませんイングランドのためにやっています。 You must not allow yourselves to be egged on by Jews masquerading to-day as 'German public opinion', to-morrow as 'Czechoslovak public opinion', the day after as 'English public opinion', and the next day as 'American public opinion'. 自分を特定できるようにする必要があります。 eggedにされる日をユダヤ人としてマスカレード'ドイツ語世論' 、を明日として'チェコスロバキア国民世論' 、その日後に'英語国民世論' 、および、次の日として'米国公共意見' 。 If England suffers disaster in coming years, the Jews who have come to England in these latter years will not suffer that misfortune in like measure; they will not feel it as Englishmen will feel it, they will prosper in chaos, and when they feel that a lean time is coming for them they will make up their minds to sail away. イングランド災害が今後数年間受ける場合、 whoが来て、ユダヤ人後者の年にイギリスで、これらの不幸ではないことのように苦しむ測定;彼らはイギリス人が何も感じられないように触ってみて、かれらは繁栄をカオス、と思われるときに赤身の時間が来るのを、かれらは、その心の埋め合わせを帆です。

As I came up the Thames I wondered what my own future would be. テムズ川に来た私としては自分自身の将来は何が不思議です。 I had promised myself to decide within a very few days whether I would continue to write about the daily European scene or whether I would cut loose [ed: altogether?] together, go to Polynesia, Patagonia or Peking, write about other things than Hitler's eternal invasions. 私は自分自身を決定すると約束した、非常に数日間かどうか私は毎日継続して書き込みについては、欧州のシーンかどうか私は関係を断つ[エド:全部ですか? ]一緒にするには、ポリネシア、パタゴニアや北京、その他のものについて書くよりもヒトラーの永遠の侵略です。

I wondered whether, the next time I left England, I should go in one of those steamers white and gold to some far distant foreign clime. 私ではないかどうか、私は、次回左イングランド、それらの1つにでも行っ汽船白とゴールドをいくつかの外国人遠い気候です。 The decision lay before me. レイアウトの意思決定する前にメインです。 I had a few days' time. 私は数日中の時間です。 While I was locked up in the Legation at Prague, Disgrace Abounding was published - the most curious things happen to my books. 中に閉じ込めて私は公使館はプラハ、 顔に泥を塗るほどが公開-最も奇妙なことが起こると私の書籍です。 After my departure from Prague I read the first reviews of it. プラハからの私の出発した後の最初のレビューを読んだことです。 Somebody spoke compassionately of my inferiority complex. 誰か私の劣等感を哀れみスポークです。 I never knew, until I wrote Insanity Fair , what an inferiority complex was, or that I had one. 私は知っていた、 精神病を書いた公正されるまで、劣等感は何か、またはその私は1つです。 To understand these things you have to sit at the feet of some venerable Jewish professor in Vienna, who soothes you by telling you that your faults are not your own but the products of your ancestors' hereditary alcoholism, or something of that sort, and this wise counsel gives you new strength. これらのことを理解するに座るの足元にいくつかの由緒あるユダヤ人の教授にはウィーン、 who soothesをされていることをして自分の欠点はありませんが、お客様の製品の先祖の遺伝アルコール依存症か、または何かに並べ替え、およびこの賢明な助言を与える新たな強さをします。 The gins of the fathers. のギンズには、父のです。 - Kraft durch Freud. -クラフトd urchフロイトです。

I have no inferiority complex, but only the most normal longings for England to be better. 私劣等感がないだけに、最も普通の願望をイングランドが良いです。 I have a heavy foreboding for England, whose rulers have made every mistake they could. 私には重い予感をイングランド、その支配者は彼らがすべての間違いです。 I want to see England safe at home and abroad. 私を見たいと思って国内外のイングランドセーフです。 Safe at home for the British Derelict Aryans, not for the Foreign Non-Aryans. セーフaryans自宅では、英国見捨てられたのためではなく、外国人以外のaryansです。 Safe abroad from Germany. 安全な海外よりドイツです。

Neither of these things is being done. どちらも、これらのことが行われた。 The danger of a German ultimatum has been drawing daily nearer. ドイツ語の危険性を最後通告され、毎日が近づいて描画します。 What shall it profit Britain if she lose her whole Empire and gain only the Jews? 英国の場合彼女はどのような利益を失うことは、彼女の全体の帝国と利得は、ユダヤ人ですか? Now, at the last moment, a faint hope offers that a stand will be made - over Poland. 今すぐ、先の最後の瞬間、かすかな希望を提供してスタンドされる-以上ポーランドです。 Then why not for Czecho-Slovakia? czecho -スロバキアを入力し、なぜですか? Why have we handed over the Czech Army, the Czech Air Force, the Skoda Works, the Czech gold, to Germany? なぜわれを手渡したチェコ陸軍、空軍、チェコのスコダが機能する場合、チェコ語ゴールド、ドイツですか? If we were from the beginning prepared to make this stand, we should have made it years ago. もし我々は最初からこのスタンドする用意がある、しなければならないではないので年前です。 Then you would have had none of this trouble. 入力し、しなければならなくなるこのトラブルはなし。 You could have satisfied Germany's just grievances - but you could have compelled her to keep the peace.......” そうすることも満たすだけのドイツの苦情-しかし、そうすることも強制彼女の平和を維持する… … "

Knud Eriksen, feb. knudエリクセン、 02月です。 1998 1998年

(A translation from a danish article in my internet-site Dronten , no. 6 ( " The Dodo " ) (デンマーク語からの翻訳記事は私のインターネットサイトdronten 、ないです。 6 ( " ドードー " )


Home

Contents
内容
Names
名前