NOTE: This is a computer-translation. Please assist with a better one! My e-mail address on intro-page
注:これは、機械翻訳です。より良い1つのご支援を! e - mailアドレスをオープニングマイページ

Original English Text -オリジナルの英語のテキスト

-a Comparison -を比較

Speech given by Knud Eriksen at 演説で与えられたknudエリクセン
Revisionist Conference May 26-27, 2007, Hillsboro, West Virginia 修正会議年5月26-27 、 2007年、ヒルズバロ、ウエストバージニア州、

Good afternoon, Ladies and Gentlemen.こんにちは、皆さん。

I am honored to have been included among such distinguished speakers.私は光栄に思うような著名なスピーカーの間も含まれるものです。 I am Danish and I live in Denmark.私はデンマーク語、デンマークに住んでいます。 I’m trained as a lawyer, although I am not practising as such at the moment.私は弁護士としての訓練を受けたが、私は現時点ではこのように練習します。 I have been interested in history for many years.私は長年の歴史に興味があります。 Obviously true history, meaning revisionism.明らかに真の歴史、意味を修正します。 My name, as mentioned in the program is Knud Eriksen.私の名前は、このプログラムは、 knudとしてエリクセンに記載されています。 “Knud” is spelled with a “D” and not as done in the programme, with a “T”, which is the Swedish equivalent. " knud "は、つづりと" d "を、特定のプログラムとして行われ、 " T "を、これは、スウェーデンの等価です。 But you might call me “Ken”.しかし、あなたかもしれないコールミー"ケン"です。 That worked fine last night down at the “Stumblin’ Inn”, where I made some good friends, under that name, and it worked fine, when I hitchhiked around Europe as a young man.昨日の夜に働い罰金ダウンは、 " stumblin ' inn " 、ここで私はいくつかの良い友達と、その名前の下に、そしてそれは素晴らしい、私ヨーロッパhitchhiked策として若い男です。 Especially the French mutilated my name so badly that I couldn’t live with it.特に、フランスの損傷私の名前はひどくて来られなくていこうと思います。 They called me something like “Gny”.彼らは私のように" gny "です。 Well, I could probably be called many things, but not a holocaust revisionist, as I don’t deserve that, knowing so little about it.そうね、私も呼ばれるが、おそらく多くのことが、ホロコーストの修正を、私はありませんに値するが、それについてほとんど知らないようです。 All I have said publicly on that subject has been to quote one or two revisionists and to air some skepticism about Jewish statistics.すべての私は、その件名によると公開され、 1つまたは2つの修正を引用し、ユダヤ人を空気の統計についてはいくつかの懐疑的な見方です。 Of course that has been sufficient for the leader of the Danish Jews to label me a “Holocaust-denier”, even the first one on his list.もちろん、十分なされてきたユダヤ人の指導者は、デンマーク語にラベルを私に"ホロコーストデニール"も、彼のリストの最初の1つです。 But that must again be something about my name, and not my accomplishments, since my family name “Eriksen” is early in the alphabet.しかし、再びしなければならない私の名前は何かについて、私の技芸ではなく、私の家族の名前から"エリクセン"は、アルファベットの早い段階でです。 Certainly I am skeptical about Jewish statistics, which I find to be a wild subject, where millions appear and disappear.確かに私は懐疑的なユダヤ人の統計については、それを検索される野生のアジ研、ここで何百万と表示されなくなります。 Figures from Jewish sources – always Jewish sources!フィギュアからのユダヤ人のソース-常にユダヤ人の源! - may show more Jews alive after World War II, after 6 millions had disappeared, and maybe then some Jewish rabbis have put an extra “0” in there, so that 6 millions should really be 600.000, as some revisionist research indicates. -2 007年5月生きてさらに二次世界大戦後、ユダヤ人、 6百万人が姿を消した後、いくつかのユダヤ教のラビと、おそらく入力してしまっエキストラ" 0 "にあるように、 6百万人は本当に大変なこと6 00.000は、いくつかの修正の研究を示しています。 On the other hand a total of perhaps 20 million Jews in the world today, has possibly forgotten a “0”, so that the real figure should be 200 million Jews in the world.その一方で、合計2,000万のユダヤ人は、おそらく世界今日、忘れては、可能性を" 0 " 、本物の図のようにすべきである、世界200百万のユダヤ人です。 At least that would explain why they seem to be everywhere!少なくとも、それがどこに理由を説明しているように見えます!

With such skepticism I feel, that I am in good company, since Mark Twain, when presented with the figure of how many Jews lived in the United States then, said:このような懐疑的な見方を感じ、私はいい会社には、マークトウェイン以来、図のときに提示する方法について多くのユダヤ人は米国に住んで入力し、によると:

“You will say that the Jew is everywhere numerically feeble. "あなたは言う弱々しい数値は、ユダヤ人はどこです。 When I read in the Cyclopedia Britannica that the Jewish population in the United States was 250,000 I wrote the editor and explained to him that I was personally acquainted with more Jews than that, and that his figures were without a doubt a misprint for 25,000,000 ……” cyclopediaブリタニカの続きを読むときに私は、ユダヤ人の人口は250000 、米国のエディタを書いたと説明して彼には私は面識があると他のユダヤ人に比べて、その彼の数字はなしに疑問をミスプリントを25000000 … … "

If he could correct two zeros, I suppose I am on the safe side if I question one zero.もし彼が正しい2つのゼロは、たぶん私の質問をして暮らせる側にすればよい1つのゼロです。

“But what does a Dane come all the way to America to tell us about at a Revisionist Conference?” Many of You must wonder. "しかし、デーンは何をするにはアメリカのすべての方法を教えて会議を修正しますか? "の多くは不思議しなければなりません。 Well, I wondered a lot myself, to be honest.そうね、私自身ではない多く、正直なところです。 Should I talk about the Mohammed cartoons that put Denmark on the map for many who had until then thought, that we were the capital of Sweden, or should I talk about how Denmark has been used repeatedly in Zionist causes, lately as Mr. Bush’s lapdog in Iraq.モハメッドカートゥーンすればよいの話をすることに地図上のデンマークwhoはそれまで多くの思想、スウェーデンの首都ことが、あるいは話をすればよい方法についてシオニストデンマークでは使用されて繰り返しが原因で、最近のブッシュ大統領'イラクでの言いなりの人です。 Or should I talk about the draconian “hatelaws” of the European Union, where little Denmark still holds out with at least some freedom of speech or might you be interested in how Denmark is said to be almost as unique as the Holocaust itself, by saving the Danish Jews from the Holocaust during The second World War, as Jewish organizations celebrate and promote again and again.過酷な話をすればよいのか" hatelaws "は、欧州連合、どこリトルデンマークまだ保持するか、少なくともいくつかの言論の自由をあなたに興味があるかもしれないといわれている方法については、ほぼ同じデンマークのユニークなホロコースト自体を保存デンマークのユダヤ人大虐殺からの第二次世界大戦中、ユダヤ人団体として何度も繰り返してお祝いを促進します。 Well, I thought I could best talk interestingly about that which interests me the most.そうね、私が最高のトーク面白いと思ってこれについては私の最も関心事です。

Therefore I have chosen to talk about “The Worlds Foremost Problem” as it was called by Henry Ford in his newspaper “The Dearborn Independent”.したがって私は話を選択し、 "世界第一の問題"と呼ばれるヘンリーフォードは、彼の新聞の"ディアボーン非依存"です。 It is a sad subject, and I will not embellish it.これは悲しいアジ研、と私で飾ることはありません。 Also I will have to stick rather mechanically to my manuscript, as my English is not good enough for me to improvise.また私に固執するという機械的には私の原稿を、私の英語は十分ではないとして、私には即興で演奏する。

So when I want to analyze what has today been rather uniformly termed ”The Jewish Question” or ”The Jewish Problem” I obviously do not pretend to have a full explanation of it – and certainly not a guaranteed, workable solution to it.これを分析するときに何が欲しいという一様今日も呼ばれる"ユダヤ人問題"や"ユダヤ人問題"と明らかにしないのふりをすることは、十分な説明-と確かに保証はなく、解決策を実行してください。 But I do think, that my considerations over the years could be of help in seeing better what we are up against, and how we ought to proceed, if we really want relief from the problem at some point in the future, as opposed to just putting labels on bad human conditions, which we basically believe to always remain with us, or to pointing fingers at scapegoats.しかし、私が思うに、私の配慮を長年にわたって見が良いの参考に我々はどのようにぶつかるとどのようにするべきを進めて、もし私たちの問題を解決するからの救済を本当に欲しいのある時点で将来的には、わずかとは対照的に悪い人間の条件にラベルを入れ、これを常に私たちを信じ、基本的に問い合わせ、または本の指を指しscapegoats 。

As non-Jewish societies have had trouble with the Jews living amongst them since we first heard of Jews more than two thousand years ago, to the point where these Jews have been persecuted, murdered and expelled, from country after country, it must be reasonable to state, that there has, indeed, been a problem.非ユダヤ人社会としては、ユダヤ人の生活の中に問題が発生して以来、まず最初に聞いたのユダヤ人を超える2000年前、どこをポイントして、これらのユダヤ人迫害は、殺害や追放、国から国をした後、それしなければならない合理的なの状態があるが、実際のところ、問題れています。 Seen from the side of the Jews, this has been called hate of Jews, anti-Semitism and persecution.ユダヤ人の側から見た場合、この憎しみのユダヤ人と呼ばれるされ、反ユダヤ主義と迫害します。 Seen from the side of non-Jews, it has been described repeatedly as domination, disloyalty, treason, hatred, usury, criminality, immorality, perversion and destruction of non-Jewish values and societies, and creating a Jewish state inside non-Jewish states.の側面から見た非ユダヤ人は、説明を繰り返しとして支配され、不忠、反逆罪、憎しみ、高利貸し、犯罪、不道徳、背徳と破壊の非ユダヤ人の価値観や社会では、ユダヤ人国家の内側を作成すると非ユダヤ人州です。

Most leading Jews today see, or at least profess to see - the problem as an irrationality amongst non-Jews, actually a mental illness, stemming all the way back from early Christian times, where the main complaint against the Jews was said to be, that they were the power behind the crucifixion of Christ, or, since the problem in reality reaches much further back, it is supposed to be a mental illness inexplicably existing in all non-Jews.今日の大半の主要ユダヤ人を参照か、または少なくとも公言を見-非合理の中でその問題に非ユダヤ人は、実際には精神疾患、ステミングのすべての初期キリスト教時代からの帰り道で、そこにメインのユダヤ人が告訴されるによると、していたの背後にキリストの受難のパワーか、または、現実の問題以来、多くより詳細な先頭に達すると、それは精神的な病気のはずがどういうわけか、既存のすべての非ユダヤ人です。 The leading Jews today, being spokesmen and directors of powerful Jewish groups and organizations in the USA and elsewhere in the world, apparently believe, that indoctrinating the masses today through mass-media, and inducing a guilt complex in westerners for their collective guilt in the alleged killing of six million Jews in the last Great War, will protect them from the effects of this apparently incurable mental illness in non-Jews, if they also arrange to jail, murder or otherwise destroy the most “incurable” opposition leaders, the ringleaders of this so-called anti-Semitism.今日の主要ユダヤ人、ユダヤ人がスポークスマンと監督の強力なグループや団体は、アメリカ合衆国および、世界の別の場所で、どうやら信じ、その大衆今日indoctrinatingマスメディアを通じて、複雑さと西洋の罪悪感を誘発するには、集団の罪悪感600万人のユダヤ人の殺害容疑での最後の大戦争は、この保護の影響を明らかにしてから、不治の精神疾患の非ユダヤ人、手配をしても刑務所の場合、または他の殺人事件の大半を台無しにする"不治の"野党の指導者は、 ringleadersこのいわゆる反ユダヤ主義です。 This is called by themselves: “teaching the public and combating racism”.これは、自身と呼ばれる: "教育の公共人種差別との闘い"です。

From the other side, our side, the non-Jewish side, the problem is seen in different ways, and I will try to go into that in this talk.からの反対側に、当社側では、非ユダヤ人側では、さまざまな方法で問題が見られる、と私は試しに行くにして、この話です。

First of all, many have said and will say today, that there is no Jewish problem per se, (that is: by itself), but only a gigantic 20th - and now 21st Century problem for all of humanity.まず第一に、多くのとは言うが今日によると、ユダヤ人の問題がないこと自体、 (つまり:自体) 、 20日だけ巨大な-そして今の問題は、 2 1世紀のすべての人間です。 We are all in the same boat, or on this same globe, which we can today wipe out in a split second through atomic bombs or other so-called weapons of mass destruction, and we are all responsible for letting a problem grow to such life-threatening proportions, without being able to solve it.我々はすべての船と同じか、またはこれと同じ地球上、これを絶滅させることで、今日の2番目を通して分割原子爆弾やその他の大量破壊兵器のいわゆる、および通知我々はすべての責任を負うような生活の問題に成長するにかかわる割合は、それを解決するためにしていることです。 It was also the viewpoint of the author of the book The Zionist Factor, Ivor Benson, and it was the viewpoint of former Times correspondent and author, Douglas Reed before him, as expressed in his most famous book, The Controversy of Zion – a book, I have placed on the internet, and if I have done nothing else of value, I consider this one simple action to be very important and valuable, and I hope Douglas Reed is pleased with it, wherever he might be in the universe today.それの観点からも、本の著者は、シオニスト因子、 ivorベンソン、およびそれは、視点の元タイムズの特派員と著者は、ダグラスリードする前に彼は、彼の最も有名な書籍として表現され、その論争の系譜-予約、私が置かれ、インターネット上の、これまでにほかならないとすればよいの値を、私、この1つの簡単なアクションを検討するが非常に重要であるとの貴重な、と私は喜んで希望ダグラスリードし、宇宙のどこに行ってもいるかもしれないです。 I subscribe to the viewpoint just mentioned, that we are all responsible, and therefore value very much individuals, such as Douglas Reed and Ivor Benson, and now also David Duke, who want to awaken Western man to his own responsibility in the matter, while describing and drawing attention to the Jewish and Zionist factor, and therefore I also value this important organization, National Alliance, with its leaders and members, because it wants to do the same.私の観点を購読するだけ言及したように、すべての責任を我々は、非常に個人とその値など、ダグラスリードとivorベンソン、また今もデビッドデューク、 whoしたいを目覚めさせる欧米の男を自分自身の責任を明らかにし、と記述して注目を集めてユダヤ人とシオニスト因子、およびそのため私も値を、この重要な組織、民族同盟、その指導者やメンバー、それはこの操作を行うには同じです。

It is not fair – also not workable – to put all the blame on Jews, for a “Jewish problem”, for that is not correct, since the problem had not grown to such proportions if we had been awake and aware, and just as importantly: that explanation does not empower ourselves.公正ではない-も実行可能-のすべての責めを負わせるにユダヤ人は、 "ユダヤ人問題"、正しいことをされていないので、この問題がないような割合で成長して目が覚めると認識していた場合と同じように重要なこと:自分を力づけるの説明はありません。 We Westerners need to wake up and become empowered.私たち西洋Empowered 』する必要が目を覚ますとなっています。 To take responsibility for our own past, present and future.責任を取っては自分の過去、現在および将来のです。 And in so far as a specific Jewish blame or role is isolated and postulated by me, I want to make it very clear right now, that I do not blame all Jews for the state of the affair.と、これまでのところとして、特定のユダヤ人のせいか私の役割は孤立したと仮定され、非常にはっきりして欲しい今すぐ、というわけではないユダヤ人を非難するの状態をすべての事件です。 “Let the chips fall where they may”, is the principle I follow here, quoting David Duke, who’s definition of “Jewish Supremacists” I will be referring to, when I say “Jews”. "人が何と言おうと5月"は、以下の原則に私ここでは、引用デビッドデューク、 whoの定義は"ユダヤ人supremacists "私は参照して、と言って"ユダヤ人"です。

An analysis will give better understanding, if it is at all an analysis worthy of that name, and if it is a good one, it is likely to bring action as well, because it unblocks the – sometimes hidden – reasons for inaction.より良い理解を与えるの分析は、先のすべての場合には、その名に値するの分析、および1つの場合には良い、それはよく作用をもたらすように、それunblocksするには、 -時には隠し-怠慢な理由です。

I will take a closer look at what could be called three different models or explanations of the Jewish problem – or Jewish question, as seen from our side, the people of the West, who have had to live with it for so many centuries.私はもう少し近くで見ると呼ばれる3つのモデルに何ができるかの説明のユダヤ人問題-ユダヤ人の質問や、こちら側から見た、西側の人々は、 w hoに住んでいたことは、あまりにも多くの世紀です。

I will discuss the models, their value as an explanation of “The Jewish Problem”, and compare them with a view also to how they might point in the direction of a workable solution.私は議論するモデルは、その価値としての説明を"ユダヤ人問題" 、とを比較対象にもするにはどのようにするかもしれない時点で有効な解決策の方向にします。 Whether the Jews are considered a nation, a people, a race or a just individuals adhering to a religion, Judaism, I think it is permissible and sufficient for the purpose of this discussion to view them as a group, with a core of persons, devoted to a cause, to some rituals and to fellow-Jews, and an outer group with varying lesser degrees of attachment to the cause, the fellow-Jews and the rituals and philosophy of Judaism.国のユダヤ人が考えられているかどうかは、人々は、人種や宗教をされたばかりの個人を遵守することは、ユダヤ教、と思うことは許されると十分な議論のためには、次のグループを表示するには、人を中心に、献身的な原因して、いくつかの研究員リトイへ-ユダヤ人を、さまざまな小グループ内と外の程度の添付ファイルをその原因は、研究員リトイへ-ユダヤ人とユダヤ教の哲学です。

1) The first model is The Jewish Conspiracy to rule and enslave the world. 1 )の最初のモデルは、奴隷にするユダヤ人と共謀して、世界のルールです。

2) Second model is The survival method of a minority Jewish community amongst non-Jewish societies. 2 ) 2つ目のモデルは少数派の生存方法を非ユダヤ人社会のユダヤ人社会の中です。

3) The third model is Mental states and shortcomings in Jews and non-Jews which need to be understood and improved, whether they are genetically based or not. 3 ) 3番目のモデルは、精神的な状態と短所を非ユダヤ人がユダヤ人と理解し、改善する必要がありますが、彼らは遺伝子ベースのかどうかかどうかです。

For short let me call themショートさせて電話をして

“Conspiracy to Enslave”, "共謀して奴隷にする" 、
“Survival of the Fittest” and "適者生存"と
“Mental Illness”. "精神疾患"です。
Authors, who have dealt with the question in the last hundred years usually touch on all three models, maybe without stating them as such, but then choose one of them as the best.作家、 whoの質問には対処して百年の最後の3つすべてのモデルに通常に触れて、多分に記載してこのように、しかし、それらを入力し、最良のいずれかを選択します。 Over time one may revise his viewpoint on the problem, but it probably remains within this framework時間の経過年5月改正彼の視点で1つにして問題が残って、おそらくこのフレームワークに

I let the three models be represented or personified by three men whose lectures I have listened to or read a lot.私はそれをほっまたは権化のような人の3つのモデルで表現され、その3人の男性の講義を聞いて私はまたはをたくさん読むことです。 Maybe the three men, if brought together, would not themselves agree that they could be compared, especially in this matter, but for my purpose of comparing the three models of ”The Jewish Problem”, I find it relevant to do so.男性の3つのかもしれない、もしまとめではないことに同意することができると比べて、特にこの問題は、しかし、私の目的は3つのモデルを比較して、 "ユダヤ人問題" 、これを行うには関連性の高い私見つけることです。 The first person (representing or personifying the ”Jewish Conspiracy Model”), is Douglas Reed, the former British foreign correspondent of The London Times and author of - among several other books - the now famous book The Controversy of Zion.の最初の人(または擬人を表す"ユダヤ人の陰謀のモデル" )は、ダグラスリードは、外国人特派員は、元英国ロンドンタイムズ紙との著者-のうちのいくつかの書籍- 、今すぐに有名な論争の系譜を予約しています。 He saw himself as a traveler and discoverer in the political realm.彼は自身のことを旅行者とDiscovererのは、政治的な領域です。 The second person is David Duke (representing or personifying the ”Survival Method Model”). 2番目の人は、デビッドデューク大学(または擬人を表す"生存法モデル" ) 。 He is well known as a politician, world famous activist for rights of European mankind, and author of My Awakening and Jewish Supremacism.彼は政治家としてよく知られて、世界的に有名なヨーロッパの人類の権利を求める活動家、および著者の私の目覚めとユダヤ人supremacismです。 He sees himself mainly as a discoverer and missionary in the social and racial realm.彼は自分自身を中心とDiscovererの宣教師としては、社会的、人種的領域です。 The third person, (representing or personifying the ”Mental State Model”) will be less obvious. 3番目の人、 (または擬人を表す"精神状態モデル" )はあまり知られています。 It is L. Ron Hubbard. l.ロンハバードことがあります。 He saw himself as an explorer of the mind and soul of man.彼は自分自身としては、エクスプローラで、心と魂の男です。 He was the founder of the Scientology movement and author of many books on mental states and mental self-improvement.彼はサイエントロジーの創始者は、運動や著者の多くの書籍を精神的状態や精神的な自己改善します。 You, sitting here, may also think that those three persons are a strange mix, but let us have a closer look at them, at what they each say or said.あなた、座ってここでは、 5月にもと思う人は、これらの3つの奇妙なミックス、しかしは、緊密な連絡を見て、かれらによると、各言ってやるか。 Of course Reed and Hubbard are no longer with us.もちろんリードとハバードは、もはやお問い合わせください。 Reed died in 1976, Hubbard in 1986, and David Duke is very much alive.リードは1976年に死亡し、 1986年にハバード、およびデビッドデューク大学は非常に生きている。 Ron Hubbard also, by the way, never mentioned Jews and a Jewish problem as such – but I see his philosophy and mental techniques as very relevant to the problem.ロンハバードまた、ところで、決して言及ユダヤ人とユダヤ人の問題として、このような-しかし、彼の哲学や精神的なテクニックを拝見として非常にこの問題に関連しています。 Deception and hidden hostility are central Jewish Supremacist traits and also something, Hubbard had many observations and techniques about.ごまかしと隠された敵意は、中央のユダヤ人至上主義者の特徴とも何か、ハバードやテクニックについては多くの観測です。 These traits were central characteristics of, for instance, the secret Jews, “marranos” of Middle Age Spain, where the Inquisition was the direct reaction, also the central characteristics of the personalities, techniques and activities of Jewish Communism, where the Second World War was the reaction, and particularly the Jewish holocaust.これらの特徴は中央の特性、例えば、ユダヤ人の秘密の、 " marranos "中年のスペイン、異端審問での直接の反応は、また、中央の特性は、タレント、ユダヤ人のテクニックと共産主義の活動を、ここで第二次世界大戦は、反応し、特にユダヤ人のホロコーストです。 Hubbard, most importantly, explored techniques for making ordinary people more aware, self-determined and happy, which is something pertinent to this discussion, and he had very interesting observations about psychopathic behavior and its effect on other people.ハバード、最も重要なのは、普通の人々を作る技術を模索他の認識、自己決定と幸せ、これは何か、この議論に関連する、と彼は非常に興味深い観測については精神異常行動とその効果を他の人々です。

Actually it might seem very appropriate, right here, to turn the tables on the Supremacist Jews and ask: If Jewish leaders and intellectuals dare to define “The Jewish Problem” as an irrational hate or dislike of Jews, or as a peculiar mental illness in Gentiles, would it not be much more to the point for Gentile critics of Jews to define classical Jewish behavior, as they see it, in this way, that is: As mental illness.実際に非常に適切なように見えるかもしれません、右ここでは、テーブルの上を有効にし、至上主義者、ユダヤ人と尋ねる:ユダヤ人の指導者や知識人の場合誰を定義し、 "ユダヤ人問題"と呼ばれる非合理的な憎悪やユダヤ人は嫌いだとか、または特異な精神疾患としてgentiles 、それよりもはるかにしていない点を批判ジェンティーレ古典的ユダヤ人のユダヤ人の動作を定義する、と見て、このように、それは:として精神的な病気です。 How could they better characterize behavior such as committing treason again and again, lying and cheating routinely, leading on in crimes and depraving and destructive activities, creating communism and other corrupt social philosophies with hundreds of millions of victims, spying and warring on friendly host-societies, setting peoples of the world against each other for major wars, stealing a country and killing off its inhabitants, and all the time believing themselves to be a people, chosen by no less than God above all others with a divine right to do all these things.彼らはどのようにコミット反逆罪などのより良い挙動を特徴付ける何度も繰り返して、うそをついて、不正行為が日常的にリードするとdepraving犯罪や破壊活動は、共産主義の作成およびその他の腐敗した社会哲学に何百もの何百万もの犠牲者は、スパイ行為と戦っているのでフレンドリーホスト-社会では、世界の人々の設定お互いの存在を主な戦争反対、窃盗の国とその住民の殺害する、とのすべての時間を信じる人々にして、選ばれた以上他のすべての神と神の右上にこれを行うにすべてのこれらのことです。

But I will get back to that in discussing the third model, and take the other two models first:しかし、私はして協議に戻るには3番目のモデル、および他の2つのモデルを最初に取る:

The first model - Conspiracy to Enslave の最初のモデル-共謀して奴隷にする

The first model – the Jewish conspiracy to rule and enslave the world, has been a classic model, based as it is in the ancient text of the Torah.の最初のモデル-のユダヤ人の支配と共謀して世界の奴隷にされクラシックなモデルでは、ベースとしては、古代のことは、律法のテキストをします。 But it was brought to the forefront and reinforced in more modern times with the enormous growth and spread of Jewish financial power and Jewish Communism in the 19th Century, and the phenomenal popularity of the text The Protocols of the Elders of Zion from around 1900.しかし、それと強化の最前線に運ばれたが、他の近代的な成長と膨大な時間と資金力のまん延をユダヤ人とユダヤ人の共産主義が19世紀には、驚異的な人気のテキストとして、 [プロトコルシオン長老の議定書は、 1900年頃からです。 It gained strength from disclosures of various secret societies, such as the Illuminati, with their secret papers, in the late 18th Century, and the revolutions of the 19th Century, where, as the baptized Jew and British prime minister, Benjamin Disraeli, said: “at the front of every one of these revolutionary movements for the destruction of authority, nationhood and religion, you find a Jew”.強度ことから得た様々な秘密結社の開示などの悟りを得た、その秘密の論文は、 18世紀後半に、 19世紀の革命と、どこに、ユダヤ人としての洗礼を受けたと英首相、ベンジャミンディズレーリ、によると: "フロントのすべての1つは、これらの革命的な権威の破壊の動きを、国家と宗教、ユダヤ人を見つける"です。 Douglas Reed writes in The Controversy of Zion, that it seems, that the World Revolution movement had been taken over by Jews from around the middle of the 19th Century.ダグラスリードの書き込みは、論争の系譜、それは、世界の革命運動を引き継いでいたユダヤ人から、 19世紀の半ばごろです。 Communism, which was to conquer the world, was created by the Jew Marx, and the Revolutionary, destructive, movement broke out into the open, dramatically, with the so-called Russian Revolution, totally dominated by Jews.共産主義が世界を征服するには、マルクスはユダヤ人で作成された、との革命、破壊、運動が勃発を開いて、劇的には、いわゆるロシア革命、ユダヤ人を完全に支配されています。

But also international high finance, had by this time become a mainly Jewish affair, as personified in the 19th Century by the Rothschild family, who were known or believed by many well-informed people to be the real powers behind the rulers of Europe.高いだけでなく、国際金融、この時までは主にユダヤ人の事件になる、とされる19世紀の権化のような人は、ロートシルトご家族、 whoが知られているあるいは考えられて博識の多くの人々が本当の力の背後にヨーロッパの支配者です。

The secrecy of the revolutionary movements and of international finance, plus the knowledge, that very few - Jewish - persons ruled the revolutionary masses through terror in Russia – and also commanded the vast sums of money in international finance, made the conclusion obvious, that there was such a conspiracy in the world.の秘密を守ることは、革命的な動きと国際金融の知識に加えて、そのごくわずか-ユダヤ人-人を恐怖で支配してロシア革命的な大衆-とも膨大な金を命じ、国際金融、結論は、明白な、があるは、このような陰謀をしています。 Later research led to knowledge of such groups as The Bilderbergers, The Trilateral Commission and other power groups, with heavy Jewish participation.への知識をこのような研究グループを主導bilderbergersとして、他の電力グループの三者委員会と、大量のユダヤ人の参加です。 They also involved a non-Jewish elite, but this did not diminish the impression of finance and revolution working together behind the scenes, in Jewish hands.彼らも参加し、非ユダヤ人のエリートが、これを低下させるという印象をしなかったファイナンスと協力革命下の力持ちは、ユダヤ人の手です。 With the advent of the mass media in the 20th Century, their control of public opinion, and above all, the total dominance by Jews in Hollywood, television, radio, newspapers, magazines, books, and now also the internet, it is no wonder, that the image of a conspiracy by super-rich Jews has remained with us.時代の到来により、 20世紀のマスメディアは、彼らの世論をコントロールし、なによりも、ユダヤ人の合計支配されハリウッドでは、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌、書籍、そして今また、インターネット、不思議ではない。 、その陰謀をスーパーのイメージを豊富なユダヤ人は依然としてお問い合わせください。 A conspiracy – that is: a design of (secret) co-operation for a wrongful act between two or more persons – is not invalidated by the fact, that many know or suspect one to exist.陰謀-つまり:デザインの(秘密)の協力を不正行為との間に、 2つ以上の人-ではない無効にされた実際には、その1つに存在する多くの容疑者を知っているか。 It is not even invalidated by the fact that many, unwittingly or knowingly, take part in its plans, such as the creation of a world government, and admit so openly and maybe even believe it to be their own idea, and no secret at all.無効ではないという事実も多く、知らずに、または故意に、その計画に参加するなど、世界の創出に政府は、公然と認めるためとされるかもしれないと考えても自分の考えに反対し、すべての秘密はです。 The power behind, wielding the money and the brainwashing machine, does not inform us of their machinations.後ろのパワーは、お金との洗脳マシンを振り回しながら、その陰謀連絡はありません。 And they always need the useful idiots to assist.と彼らはいつもの有用な馬鹿を支援する必要があります。 For instance, it is beyond discussion that communism in Russia was Jewish in its origin, and dominated by Jews to the extent, that it had to be made punishable by death by the Jewish revolutionary masters to mention and react negatively on it.例えば、これはロシアの共産主義を超え議論を、その起源は、ユダヤ人、ユダヤ人との範囲に支配され、それがすることは死刑に値するされたユダヤ人の革命的な巨匠との反応を否定的に言及している。 It is also clear that the Jewish masters used a lot of secrecy, such as changing names and using cloudy class-war language and semi-secret Yiddish and Hebrew, apart from more conventional secrecy in plans and financing etc. And the mainly Jewish leaders of the early days of the revolution were quite few, compared to the masses, they terrorized, thus being a conspiracy by definition.ユダヤ人を明確にすることもマスターズ使われ、多くの秘密を守ることなど、変更の名前や曇りのクラスを使用してセミの秘密-戦争言語とイディッシュ語とヘブライ語、他の従来の秘密主義は別に、資金調達計画などに主にユダヤ人の指導者初期の日中には、革命が非常に少ない上に、大衆に比べて、彼ら恐怖は、このように定義されて、陰謀されています。 Finally it is clear that later expansion of communism in Russia and around the world had to comprise many non-Jews as well, but this happened without the Jewish grip being loosened much in the Soviet and Eastern European countries, where they long dominated in the Secret Police terrorizing apparatus, the leadership of the Gulags and the propaganda apparatus, and where they finally came out on the top of the Russian society in our own time, when communism had to be abandoned, stealing most of Russia, as so-called oligarchs, through international financial cooperation and various criminal schemes.最後にいることは明白である共産主義への拡大、ロシアと構成は、世界中の多くの非ユダヤ人でも、しかし、このグリップが緩みが起こったのユダヤ人の多くは、ソ連と東欧諸国は、どこに長い支配さの秘密警察の恐怖装置は、指導部と宣伝gulags装置、およびどこに最後の上に出てきたロシアの社会で独自の時間は、共産主義の放棄しなければなりません、ロシアの大部分を盗む、いわゆるoligarchs 、国際金融協力を通じて、様々な犯罪スキームを保存します。 Also, it must be remembered, that today, in the confusing sea of news and entertainment, most people are overwhelmed by conflicting and superfluous information anyway, and unable to piece conclusions together, much less make it into a well-founded whole, that gives them reason to speak and act.また、記憶しなければならない、その今日、海のニュースやエンターテインメントの混乱は、ほとんどの人々が競合すると余計な情報に圧倒されるとにかく、結論を出すと一緒にできませんでした作品は、はるかに少ないことに、十分な根拠に基づいた全体的には、を与えるそれらの理由を話すし、行動します。 A conspiracy does not need to be totally secret under such conditions.陰謀をする必要はありませんこのような条件の下で完全に秘密です。

I got into this line of thinking from being in the Scientology movement in the late sixties and through the 70’es.私は、この行の考え方には、サイエントロジーの動きが60年代の終わりから70'esとします。 The movement was heavily attacked from the beginning, whether deserved or not, particularly from the psychiatrists, and besides studying the self-betterment techniques of the group over many years, I worked for a while in the intelligence section of the movement’s so called “Guardians Office”, where we got trained to find out about and counter the attackers of the movement.攻撃の動きが大きく、最初から、当然かどうかかどうか、特にからの精神科医、と検討して自己啓発のほかのグループのテクニックを長年にわたって、私はしばらくの間は、知能を参照して運動のいわゆる"保護局" 、ここで私たちは訓練を受けたことを確認するには、攻撃者の動きに対抗する。 The American section of the office later got into legal trouble because its operatives broke into government offices in the now scandalized “Operation Snow White”, but when I was in the European section, we didn’t do such things, and my colleagues and I didn’t get into such trouble.アメリカを参照して事務所への法的トラブルに乗り込むため、政府機関の工作員に侵入し、今すぐscandalized "操作白雪姫" 、しかし、私は、欧州セクションでは、私たちがしなかったことについてこのようなものだから、私の同僚と私このようなトラブルに入るしなかった。 From this line of training I learned about the secret world behind politics and also such conspiracy literature as Gary Allen’s None Dare Call it Conspiracy, and we researched, in particular, the wing of the conspiracy that dealt with psychological control of rulers and pervasive control of masses through community psychiatry.トレーニングからのこのラインを知った世界の秘密のような陰謀の背後に政治と文学としてもなしゲリーアレン氏の陰謀思い切っ呼び出すこと、および私たち研究、特に、その陰謀に、翼の心理的な支配権を扱って統治者とパーベイシブ大衆社会精神医学を通じて制御します。 We found, that it was leading figures in the international World Federation of Mental Health, with its national chapters, which was at the center of the attacks on the movement.私たちが見つかりました、それは、世界主要人物で、国際連盟の精神的健康、その国内編、これは、攻撃の中心に運動をしています。 Political psychiatrist were part of somebody’s conspiracy to rule, we also found, and their plan was to be able to know all about the world’s leaders and influence them in their capacity of mental health experts.政治的な精神科医が共謀して誰かのルールの一部として、我々もが見つかりました、およびその計画はすべてを知ってできるように世界の指導者と影響力については、かれらの精神衛生の専門家の容量です。 This was said in their “Mental Health”-literature, sometimes bluntly, sometimes in convoluted language.これは彼らによると"精神的健康" -文学、時にはぶっきらぼうに、時には、複雑な言語です。 Programs to quash political psychiatry were initiated by us and carried out.政治的な精神医学に見向きもしないのプログラムを開始された問い合わせを行っています。 The founder of Scientology, L. Ron Hubbard, once - in 1967 – stated in a taped speech, Ron’s Journal ‘67, that the world was – for all practical purposes – governed by a handful of super-rich people.サイエントロジーの創始者、 l.ロンハバード、一度-1 967年-記載され、音声録音、ロンのジャーナル'6 7、その世界は-のすべての実用的な目的のため-支配され、一握りのスーパーの豊富な人々です。 The political psychiatrists, mostly Marxist in their worldview, were just the section of the conspiracy, which quite naturally dealt with Scientology.の政治的精神科医、そのほとんどがマルクス主義の世界観は、その陰謀に記載されただけで、サイエントロジーがごく自然に対処します。 Scientology was a perceived threat to them for more than financial reasons, it was thought.サイエントロジーは、それらの脅威を認識を超える金融上の理由から、それは考えています。 We were not focused on Jews at all then, I don’t think they were ever mentioned, and I certainly did not suspect then, that they had much to do with the problem of world unrest.私たちはすべてのユダヤ人が集中しその後、彼らは私は思わないまで言及したように、と私確かに容疑者をしなかったし、これを行うにしていた多くの問題を世界に不安です。 I remember now, however, that there were many Jewish-sounding names in the political psychiatry organizations, such as “The National Association for Mental Health” and others.今すぐ覚えて、しかし、多くのユダヤ人に聞こえるがあったの政治的精神医学の組織の名前など、 "国民の精神保健協会"と他のです。 Checking up on it today I find, that Jewish names dominate the entire fields of psychiatry and psychology.今日の私を検索してチェックする、そのフィールド全体を支配するユダヤ人の名前の精神医学と心理学です。 I can see today also, that quite a few Jewish names were in prominent positions in even the Scientology organization already then.私は今日も、それはかなりの数のユダヤ人の名前が著名なサイエントロジー組織のポジションでも、すでに入力しています。 (Geoffrey C. Filbert in 1982 mentions many Jews on staff in Scientology in his two-volume book Excalibur Revisited, vol. II, 468) (ジェフリーc.ハシバミが1982年に多くのユダヤ人をスタッフに言及した彼の上下2巻の本サイエントロジーエクスカリバー再訪、 !します。 2世、 468 )

It apparently got much worse with Scientology since, and the organization has today been taken over by a powerful, small group, and I think it is today probably in Jewish hands, as so many other activities, particularly in the field of psychology, psychiatry, New Age mental techniques and the like.悪いことを明らかにサイエントロジーが多くて以来、今日の組織がとられている以上に強力で、小グループでは、と思うことは、おそらく今日のユダヤ人の手を、その他の活動として非常に多く、特に分野における心理学、精神医学、新しい時代のような精神的なテクニックとします。 The sudden tax-exempt status at the exact time they attacked Willis Carto in Institute for Historical review, and the way they compared themselves with Jews, when Germany attacked Scientology there, indicate this.非課税の突然の状態は、正確な時刻ウィリスcarto彼らの攻撃で歴史的な日研究所、および彼らのやり方に比べて、ユダヤ人、ドイツ攻撃時にサイエントロジーが、これを示しています。

Anyway, this is how I was introduced to conspiracy as a subject.とにかく、これはどのように私は陰謀を対象に導入します。 Reading many, many books later on Jews and the powers behind the scenes, convinced me beyond doubt, that at least the driving force, the cohesiveness, the money and the brainwashing media of the world are so overwhelmingly Jewish that it would be as futile to call a world conspiracy other than Jewish, as it would be calling the “Russian Revolution” anything but “The Jewish Revolution in Russia”.読書の多くは、多数の書籍への権限の背後にはユダヤ人とのシーンは、疑う余地なく確信私は、少なくともその原動力は、結束は、お金との洗脳メディアの世界は非常に圧倒的多数のユダヤ人としては無益なことに世界ユダヤ人以外の陰謀を呼ぶ、呼び出すことが、 "ロシア革命"何かしかし、 "ロシアのユダヤ人の革命"です。

And everybody actually believes in conspiracy of one kind or another.とみんなと考えて徒党を組んで、実際に1つまたは別の種類です。 We all know there was a conspiracy to kill Caesar once, the term exists today in ordinary American law: conspiracy to do this and that, and even Hillary Clinton said a conservative or republican conspiracy existed against her husband during the Monica Lewinsky sex-scandal in The White House.私たちは皆、知って殺害しようと共謀してシーザーがあった一度は、今日、普通のアメリカの法律用語が存在する場合:これを行うには陰謀とし、さらにヒラリークリントンや共和党保守派の陰謀によると、彼女の夫が存在する中でモニカルウィンスキースキャンダルセックスホワイトハウスのです。 We are just not allowed, by the all-powerful media - to believe one exists in politics today, especially not one to dominate the world, and most particularly not a conspiracy run by Jews.我々ははっきりしない可、されたすべての強力なメディア-1つの存在を信じる今日の政治、特に、世界を支配する1つの特定、および実行されるほとんどのユダヤ人の陰謀特にないです。 Although papers exist, such as the old Illuminati papers, later voluminous Communist plans, and quite recent UN and other papers for World Government.論文が存在するものの、悟りを得た人などの古い論文は、膨大な共産主義への計画、と比較的最近の国連やその他の論文を世界政府です。 All these plans certainly are not democratic, and not meant to be presented to the people of the world before implementation.確かに、これらの計画のすべての民主主義はない、ということで提示さではなく世界の人々の前に実施します。 And the oldest plan for world domination is a racist one in The Torah of the Jews.最古の世界征服計画とは、人種差別の1つは、律法は、ユダヤ人です。 It is played down as such a plan – by the leaders of Jewry, and – again, by the all-powerful mass media of the world, being in Jewish hands, but the plan is still on, and very much followed.このようなことが下向きになるようにプレイする計画-されたユダヤ民族の指導者、および-再び、マスメディアの全権力を握って、世界は、ユダヤ人の手が、しかし、この計画はまだonにし、非常に従ってください。 The secrecy and the lying that surround the Torah, makes it, and even more, its follow-up, The Talmud, a blueprint for a racist conspiracy, directed against particularly the Gentile, Western world.秘密とうそをついて、律法で囲んで、すること、および、さらに、そのフォローアップは、タルムードは、人種差別的陰謀の青写真をする、特にジェンティーレ監督に対して、欧米の世界です。 Political Zionism is just the latest logical implementation of the racist, supremacist philosophy contained in them.政治的シオニズムは、最新の論理だけの実装は、人種差別、白人至上主義の哲学に含まれています。 Let me quote a passage from an early book by Douglas Reed, Far and Wide, from 1951, which in an interesting way describes the real aim of Zionism while quoting the central personality of Zionism during the 50 years, that preceded the formation of Israel as a Zionist state, Chaim Weizmann, and his book, Trial and Error:の一節を引用させてくださいダグラスリード早期予約され、遠くまで広がって、 1951年から、これは面白い方法を説明して真の狙いを引用しながら中央シオニズムシオニズム人格の中に50年の間に、イスラエルとしての形成に先行シオニストの状態を、カイムワイズマン、および彼の本は、試行錯誤を繰り返しながら:

“ ‘Of those ‘first rank statesmen’ who in 1917 prepared the first triumph of Political Zionism Lord Robert Cecil (Assistant Secretary for Foreign Affairs) is exceptionally important because he alone (Dr. Weizmann says), ‘saw in it its true perspective as an integral part of world stabilization. " '人'第1級の政治' whoで1917年最初の勝利を準備して政治的シオニズムの主ロバートセシル(外国人担当国務次官補)は非常に重要なため、彼は一人(ワイツマン博士は言う) 、 'のこぎりでその本当のこととしての視点世界の安定に不可欠な部分です。 To him the re-establishment of a Jewish Homeland in Palestine and the organization of the world in a great federation were complementary features of the next step in the management of human affairs’再確立を、彼は、パレスチナにユダヤ人の祖国とその組織は、世界で大きな連盟が相補的特徴を、次のステップは、管理の人間諸事'
I do not know, but doubt, if Lord Robert Cecil ever explained the matter to his own people like that, but in these words a much bigger nigger pops out of the woodpile.よく分かりませんが、しかし、疑い、もし主ロバートセシルまで説明して問題を自分自身のような人々と、しかし、これらの言葉をはるかに大きな黒人ポップスの材木の山です。 In them the ‘National Home’ no longer appears as an all-satisfying end in itself, as it was first presented to be; or even as the basis of a future Zionist State, which it was denied to be.にして、 '国立ホーム'として表示されなくなりました最後に自分自身のすべてを満たす、それは最初に提示される;かさえも、将来のシオニスト国家の基礎を、それが拒否されましたされる。 The words contain the true shape of the whole ambition, as I believe it to be, for they speak of world stabilization, of a world federation, and of managing mankind.という言葉の真の形状を含む全体の野望を、私はそれを信じ、かれら話す世界の安定化、世界連邦、人類の管理とします。 If this future world federation is to surmount nations, why had it to begin with the creation of a new nation, the Zionist one, unless the ‘management of human affairs’ is to be assumed by that one?”この国の将来の世界を克服連盟は、なぜそれを開始するには、新しい国家の創出には、シオニストの1つがない限り、 '管理の人間諸事'はその1つを想定するということですか? "

But what use is it really to say or establish, that a Jewish power-elite rules us through a conspiracy?しかし、どのような使用を確立することは本当にを言うか、ユダヤ人のパワーエリートのルールは、問い合わせを介しての陰謀ですか? As it is so difficult for most people to grasp such a situation, and as the mass media have succeeded very well in making ridiculous the concept of conspiracies, as something only lunatics and the extreme Right, the “neo-nazi’s”, believe in, the likeliness of people waking up by these revelations alone is not too promising.それは非常に困難であるとしてほとんどの人々を把握するような状況では、マスメディアとしては非常によく製作に成功したとんでもない陰謀の概念を、狂人として何かのみと極右は、 "ネオナチの" 、と信じしており、 likelinessの人々によって、これらの事実が明らかに目覚めだけではあまりにも期待できそうです。 Therefore the usefulness of model no.1 is rather small for other than intellectual satisfaction and historical education, as I see it now.そのための有用性をモデル1号はかなり小さいの他の知的満足度と歴史的な教育よりも、私の見るところで今すぐです。 That does not invalidate its correctness, in my view.無効にされていないの正しさは、私の個人的見解です。 And it is very necessary for a newcomers understanding of the whole situation in the world.とすることは非常に必要な新規参入者の理解を、世界全体の状況です。 Douglas Reed and his later book The Controversy of Zion sheds a lot of light on this model.ダグラスリードと彼の後を予約して上屋の整備にあたっては、多くの論争の系譜に光をこのモデルです。 And I think he has explained best of all the dual Jewish-led conspiracy of pressure from above by money, propaganda and perversion of governments and from below from excited mobs, be they red revolutionary or as today, large minorities of third world colored immigrants ready to make trouble from inside Western countries.と思う彼は最高の説明のすべてのデュアルユダヤ人の陰謀の主導の上からの圧力を適正、政府の宣伝と曲解と興奮したモブから下から、今日はそれら赤い革命またはとして、大規模な第三世界の少数民族色の移民の準備欧米諸国の内部からはもめ事を起こしたいです。 It is not a conspiracy consisting of only a few Jewish “elders”, and also not one that includes all, or most Jews.陰謀で構成することではないにはいくつかのユダヤ人の"長老"とも1つのことがすべて含まれていないか、またはほとんどのユダヤ人です。


The Second model- Survival of the Fittest 2番目のモデル-適者生存

The most important proponent for the Darwinistic explanation of the Jewish Problem, as a more or less secret war waged by Jews, through millennia, against primarily the white race today, is, of course, professor Kevin MacDonald with his trilogy A People That Shall Dwell Alone, Separation and Its Discontents and The Culture of Critique.最も重要な主唱者は、ユダヤ人darwinistic説明した問題は、多かれ少なかれ秘密としてユダヤ人の戦争を、ミレニアを通じて、主に、白色人種に対する今日は、もちろん、教授ケビンマクドナルドは、彼の3部作の人々が住むだけでも、分離とその不満との文化を批判します。 His theory of how evolution has worked on group behavior over time to make up a distinct Jewish group survival mechanism that involves the various known Jewish characteristics, is for many people the last word on The Jewish Problem, because it comes closest to the exact demands of natural science, and because it has been so solidly documented.彼の理論の進化がどのよう取り組んで集団行動する時間をはっきりとユダヤ人のグループを作成するメカニズムを遅らせることに生存率では、様々な既知のユダヤ人の特性は、多くの人々の最後の単語を検索するユダヤ人の問題、それに近いの要求をして正確な自然科学、およびこれを強力に記載されているためです。 I have, however, for the purpose of my summary, chosen David Duke as the person to represent this theory, because he has popularized the theory through his book Jewish Supremacism, and has taken it as the basic understanding of what Gentiles are up against, in his many speeches on the problem (ex.: Aug. 22, 2005): Judaism and the Jewish people are developed as a tribal survival mechanism, an evolutionary mechanism, or a response to being constantly a minority, developed over three thousand years, and it has to a degree become inborn in the individual Jews.私は、しかし、私のために要約すると、選択したデビッドデューク大学人としてこの理論を表現するため、彼は彼の著書を通じてユダヤ人の大衆化の理論supremacism 、およびコラボレーションの基本的な理解をしているのに対してどのようなgentiles 、彼のスピーチで多くの問題(例: 8月22日、 2005 ) :ユダヤ教とユダヤ人の人々が部族の生存のメカニズムとして開発されたのは、進化のメカニズムか、または応答している絶えずは少数派には、 3000年に開発する、とそれには先天的にして、個々のユダヤ人程度になる。 To an extent their behavior is genetically governed, and they are also to be regarded as a race, because they have to a large extent remained separated – by their own choice, because of their racists religion - from the populations among which they dwelled for a very, very long period of time, thus developing specific Jewish genes, some of which influence behavior.その現象は、遺伝子の範囲を支配する、と彼らはまたレースをすると見なされるため、彼らは大部分は依然として分離して-自分の選択によって、彼らのために人種差別主義宗教- dw elledれてからの人口のうち、非常に、非常に長い期間内に、このように発展途上の特定のユダヤ人の遺伝子は、いくつかの動作に影響を与える。 Just as importantly this evolutionary mechanism has worked on the Jewish group as a whole and created a particular cohesiveness and internal brotherhood, and at the same time a marked enmity and hatred against other populations, particularly the Christians of the West.この進化のメカニズムが重要なのと同じように従事して作成したユダヤ人のグループ全体と、特定の結束と内部同胞団は、それと同時に、スパムに対する敵意と憎悪と他の人々 、特に西側のキリスト教徒のです。

David Duke quotes (radio lecture August 4, 2005) a central text from Kevin MacDonald on this, it says:デビッドデューク引用符(ラジオ講義8月4日、 2005 ) 、中央のテキストからケビンマクドナルドしていないが、それは言う:

“The present, judaized cultural Imperium in the West is maintained by a pervasive thought control, propagated by the mass media, and extending to self-censorship by academics, politicians, and others, well aware of the dire personal and professional consequences of crossing the boundaries of acceptable thought and speech about Jews and Jewish issues. "現在、 judaized文化的な制御は、西は維持され、 Pervasiveの思想統制、マスメディアに伝播された、と拡張を自己検閲され学者、政治家、およびその他、熟知している個人情報やプロの悲惨な結果を横断する思想や言論の許容の境界については、ユダヤ人とユダヤ人の問題です。 It is maintained by zealously promulgated, self-serving, and essentially false theories of the nature and causes of anti-Semitism”公布ことが熱狂的に維持され、自分勝手な、と本質的に虚偽の理論は、自然と反ユダヤ主義の原因を"

The Jews are the only people, which has managed to stay apart from other peoples of the world in this way, through the centuries, and genetic research in recent years shows, that say Moroccan Jews and European Jews are many times more like each other genetically, than they are like their respective host peoples of Morocco and Europe.ユダヤ人は、人々にのみ、ご滞在が管理を離れ、世界の他の人々のこのように、を通して世紀にもわたって、近年は、遺伝学の研究を示し、その言ってやるがモロッコのユダヤ人とヨーロッパのユダヤ人は多くの倍以上のようにお互いの遺伝子よりも、彼らは、それぞれのホストのような人々のモロッコとヨーロッパです。 Because they have for so many centuries seen the Christians and then the white race as their main competitors, they are actually fighting a centuries old war against us, that they are not frank and open about, and which very, very few whites are aware of.世紀のため、彼らは非常に多く見られるため、キリスト教徒と入力し、その主な競合他社の白いレースとして、彼らが実際に戦闘を旧世紀の戦争を問い合わせ、その率直かつオープンにされていない、との非常に、非常にいくつかの白人が知っているです。 Their most effective weapon, of course, is to have taken control of our societies, through a group effort, which has for a long period, now, dominated mass media, government institutions, international finance, and also some sciences, movements and institutions which supported their efforts and gave them intellectual weight.その最も効果的な武器は、もちろん、コントロールは、我々の社会の撮影には、グループを介しての努力をするために長い間は、今すぐ、支配マスメディア、政府機関、国際金融、およびもいくつかの科学、運動と制度をサポート彼らは彼らの努力と知的の重量です。 These movements were/are the communist revolutionary movement and later socialistic movements, the Frankfurt School, the psychoanalytic movement, Boasian Anthropology, the civil rights movement, or anti-racism movements, the opening of borders in the West, the New York intellectuals, and latest: the neo-conservative movement, that has led America into wars to “stamp out evil” and a ”crusade” to establish Jewish controlled democracy in the Middle East and across the world.これらの動きが/は、社会主義共産主義革命運動およびそれ以降の動きは、フランクフルト学派は、精神分析的運動、 boasian人類学、公民権運動のか、または反人種差別の動きは、国境の開放は、西は、ニューヨークの知識、および最新:新保守主義者の動きは、アメリカを主導して戦争を"悪を根絶する"と"十字軍"民主主義を確立するユダヤ人の制御および全世界のmiddle east 。

デビッドデューク大学、およびivorベンソンも、人種差別的に表現し、過激派のユダヤ人指導者whoは、圧倒的大多数のユダヤ人社会の権限を: "ユダヤ人supremacists " 、メディアの創造主からの借り入れ"白supremacists "です。これらのsupremacistsは、単に背後にユダヤ人のすべての主要な破壊力の発展と、世界の出現は、直接、国会議員、政府高官は、アメリカのロビー団体、多くの欧米諸国や金融の破壊力や破壊プログラム、これ例えば欧米諸国を水浸しにする色の移民か、または他のメディアの大物実業家としては、一般的に宣伝し、これらの多くの破壊行為をポップアップします。彼らの深い憎しみを行うには、白色人種、これが染み付いてそれらの幼少時代と一緒に愛とヘルプをする義務が自分のレース-兄弟です。デビッドデューク追加、それは彼らもはるかに駆動さ他人より愛を嫌いです。この上にもっともらしい理論をよく研究さと、ユダヤ人とユダヤ教、デビッドデューク大学の立場を擁護する姿勢を保持する非常に簡単にユダヤ人問題の解決策:我々は、欧州の一部のすべての人類は、単に可これを行うに私たちの遺産を保存することと自由を、私たち存立にはユダヤ人からの攻撃supremacistsされています。目を覚ますと私たちは人々が私たちの本当の危険性が強けれに直面するとして、地球の人々は、数世代です。ユダヤ人が許可を覆すの場合、再度問い合わせを破壊し、我々はこれに抵抗する許可を取る我々の社会の先頭です。これ:いいえ非難の誰でも、実際は、 "適者生存"です。





最初に私が言ったとおり、非常に適切なことを求めるように見えるかもしれない:ユダヤ人の指導者や知識定義する場合、 "ユダヤ人問題"と呼ばれる非合理的な憎悪やユダヤ人は嫌いだとか、または特異な精神疾患としてgentiles 、他にもはるかにもよいのではないその点は古典的ユダヤ人の動作を定義するgentilesこのように、それは:として精神的な病気です。私たちはどのようにコミット反逆罪として良いような行動を特徴付ける何度も繰り返して、うそをついて、不正行為が日常的にリードするとdepraving犯罪や破壊活動は、共産主義の作成およびその他の腐敗した社会哲学に何百もの何百万もの犠牲者は、スパイ行為と戦っているのでフレンドリーホスト-社会では、世界の人々の設定お互いの存在を主な戦争反対、窃盗の国とその住民の殺害する、とのすべての時間を信じる人々にして、選ばれた以上他のすべての神と神の右上にこれを行うにすべてのこれらのことです。とのリストはさらに完成には程遠い!

これは1つのモデルの"ユダヤ人問題"が行われていないので与えられたの最後の世紀に注目され、その陰謀のモデルを引き継いだとき、今すぐケビンマクドナルドのモデルのグループ戦略が、それ以来前にイエスキリストは、元のモデルです。ギリシア人とローマ人への手紙をvilesのコメントが多く、ユダヤ人、ユダヤ人とキリストは言うに(ヨハネ8:42-48 ) "なたがたは、悪魔のあなたの父、として情欲に任せられたの父に指定するか… 。 "数多くの通路新約聖書は、反ユダヤ主義はない、としてf.ex.ジョン1:47 : "見よ、イスラエル実際、 Guileの誰がない! "や有名な教会の父、マーティンルーサー、歴史の後で、ユダヤ人の邪悪については、かなり大胆な彼の作品を紹介します。彼の著書"ユダヤ人と彼らの嘘"は無残にも、それは、彼の最後に、契約対象の問題も、直前に書かれたこの本は、彼が死亡した。数多くの有名な人がぶっきらぼうに記載して以来クレイジーユダヤ人が悪またはいくつかの方法です。ダグラスリード、デビッドデューク大学の両方に触れて、このしかし、主に放っておきなさい。明白な理由が考えられます。それは非常に難しいとされる特定の危険についても、現在のユダヤ人が公共の気候的に制御します。それは、道徳的な側面を見るという質問に、の精神的、精神的な次元です。対処するのは、私たちは悪ですか?私たちはいくつかの並べ替えにも対処する精神的な病、先天的または文化的ベースで、ときに非常に多くのユダヤ人が大量の問題が原因と、あまりにも長い間我々の社会のですか?

とは、上の部分のテクニックを支配するユダヤ人のマスターズは、宣伝、金融、政府と、法と秩序の破壊は、文化や道徳ではなく、邪悪なことは、ユダヤ人かどうかは、次のように作用するかの教義に遺伝的衝動に宗教ですか?レッサーはない、多くのユダヤ人-でも、かなりの量のg entiles、高と低-非難されるユダヤ人を知って非常によく主導型の政策については、悪の破壊、それに関するいかなる行動もなく、あるいは抗議ですか?下劣ではないことは、病気や悪されるホストの人々の生活の中で、いわゆるdiaspora 、忠実なふりをすることで、社会のメンバーは、破壊行為を遂行する、の一部として-または単にc ondoningと知ってこのような行為についてです。下劣ではないことは、病気や悪されるホストの人々の生活の中で、いわゆるdiaspora 、忠実なふりをすることで、社会のメンバーは、破壊行為を遂行する、の一部として-または単にc ondoningと知ってこのような行為についてです。場合には、人権問題について、我々はまた、いくつかの人間の義務を負う必要な最小限の文明と正直な振る舞いをするように他の人々ですか?

それと同時に私たちは精神的な対処を濁音と浅薄で、大半の唯物gentiles 、かれら自身がletにusurped -さえ世紀以上、そして今も徐々に絶滅になるl et自身を通じて、低い出生率、悪質な反ホワイトプロパガンダと非白人の移民法と重いです。

を見た、私のバックグラウンドでサイエントロジーおよびその他の自己啓発のテクニックは、長い間、この戦争の主な戦場では、精神的にも精神的にアリーナです。見た、自身がどのように欧米の人々 let第三世界のグローバル化と人の群れをオーバーランし、これをはるかに超えるsuccumbing 、泣き言を言う。見た絶滅した鳥をどのように似て、モーリシャス、ドードー鳥、およびその名前の後に私の最初のウェブサイトです。ネット上のことはまだ先www.patriot.dk / menudron.htmlです。ハリウッド映画を見たのテクニックをどのように異なる現実を作成するためのテクニック魔法の世界に似ても、黒魔術、と私はどのように、徐々に、魔法の人は、イベントやプロットが保有する映画や漫画-しばしば意味小型成長期の子供たちアップされてものです。読書ニールギャブラーの予約を覚え、自分の帝国については、ハリウッドのユダヤ人が所有し、徐々にどのように置き換えて、独自の合成アメリカの現実を現実には、今すぐ仕事をされているメーカーの世界共通の現実です。と、多くの成功です。ユダヤ人の指導者に与えられた自慢するイスラム過激派の若者に十分なカラオケもできるようになって従順なポップ中毒欧米の若者です。この電流の魔法の作成方法を現実のがユダヤ人の生活に戻って、偶然はないとは、私の意見です。マジックの基本的な定義は現実を作成するには(ことや発症)での物理的な宇宙です。

また見た、どのよう長い間君臨していたユダヤ人の科学や科学の心の試みは、非常に過剰表現していた間の精神科医、心理学者、精神的なセラピスト、と私が追加さ:は、新しい時代の波です。また、私はより良いシステムに精通して、サイエントロジーとランドマーク教育、 2つの現象は、アメリカ合衆国非常によく知られています。そしてもちろん、運動の精神分析フロイトは、ユダヤ人の由来は、ケビンマクドナルド博士として実証されています。彼の言及もベンソンivorシオニスト因子を予約して、基盤技術研究促進事業は、どのように拮抗作用の秘密"をしっかりとニットunassimilable (ユダヤ人)少数派の"実践されてきた無数のフォーム、しかし、彼らは常に社会を破壊してジェンティーレに住んで、決して説明以上にして、 [プロトコルを学んだシオン長老の議定書についての論争に関係なく、その原作者です。と彼は言います、また神話を参照して予約して精神療法される(ユダヤ人)精神科医、ドクタートーマスサース: " 1つの主な要因は、この過程での文化の歪みなしでは不可能で、残りは、改ざんされ、すべての人々がこれを行うには学問分野の研究の男のような人類学、心理学、人種学、人類遺伝学、政治学と歴史… 。 、邪悪な腐敗を科学的な教義はどこよりもより良い例示心理学、その科学を1で定義されて懸念自体の操作は、精神、それが正確にどこ最も被害を冒さずは、反ユダヤ主義の塗抹標本か、または、恐怖には、大きな影響力を行使当社は、世紀の… "の問題の核心は、そのボアズ学校のように人類学、精神分析のフロイトの学校は、 "特定の問題のすべての科学は、しかし、ユダヤ人である"これは、数多くの分野で主流の学校の勉強に対処する人間の、そしてここではまた、ドグマは、毒ガスされたドイツのユダヤ人600万人、これはすべての履歴ではないが、ユダヤ人です。


偽善と二重の基準を提唱してポイントを人種差別の根強い社会-イスラエル-自分自身のため、多文化社会とは人類の残りの部分は、もちろん、非常に大規模な偽善です。偽善を提唱してポイントを平等と人権のすべての民族や人種、と人種差別とのステータスを自分自身のために選ばれた神は、もちろん、非常に大規模な偽善が判明しました。ポイントの偽善を提唱して国際平和のための国際条約と、すべての国に拘束力の世界、 1つの国を通知-自分自身の-罪を償わずに任意の刑事国際法違反、偽善上ではもちろん、巨大な規模です。


デビッドデューク大学は、ラジオ番組によると、詐欺的な方法についてのユダヤ人至上主義者と同じように、自然現象としてはカケスappropriatesときに別の鳥の巣です。いいえ陰謀-理論必要です。と博士(ウィリアムl. )ピアース記載され、ラジオ番組、 "うそをつくの巨匠たち"は、ユダヤ人の能力をどのようにうそをつく納得のいくように、説得していた彼は、食糧を蓄える能力の遺伝子

しかし、いずれにせよ、ときに偽善-虚偽-嘘-と嘘については永続的な悪影響を与えると破壊を目指してしまったら、wh oの祖国に来たとしては、ユーザーは、そのようなうそは生まれついての世紀-さえミレニア-は、特定の人々は、この現象を回避するかどうかが巻きにしている遺伝子を入力し、人々または再生成さかどうかは単に伝統と文化や宗教に関するコマンドは、特定のよういずれにせよ、このことの葉の人々に、非常に不健全な精神状態です。

人は習慣的に関与する場合、ジョージオーウェルダブルダブル話す考えると、彼は正気を下回って終わるの状態です。彼は保持する必要があります。それと同時に自分の代わりに二つの正反対の現実:それは何と彼は言いますがtrueの場合、わずかため、彼は実際になりたいと言って、右/または彼は右1で定義されているため、上には、レースに参加し、それと同時に虚偽事実は、それを知って、偽り、 、嘘を言っては、策略は、愚かなトリックをgoyim 、彼の説明を入力し、適合する二重人格か、または、統合失調症です。グループの場合、このように多くの人々の動作世紀の最後に結果を蓄積することはできません以外のこれらの行動未満正気です。ジョージオーウェルの両方とivorベンソン、 ( p. 115-117 )コメントをする方法をダブル溶接一緒に考える現実と非現実は、経験豊富な開業医です。ユダヤ人を何らかの方法ができるように生きるの系統は、次のgentiles以上です。ウィテカーチェンバーズの例は、目撃者は、有名な-または悪名高い-アルジャーヒスソ連のスパイ事件は1 9 48年から19 50年) 。彼は破壊されていた2つの別の精神的な世界に住んでいたと今すぐに自分自身を浄化(ソ連)の影響ていた、彼は今が見つかりました、ほぼ完全にユダヤ人が( p. 116 )

数回の講義中に彼のラジオは、いくつかの特定のユダヤ人のデビッドデュークスは言うスキームについては"これは、単に非常識な" 、短所としてネオときにユダヤ人のための戦争を作成する、イラクやイスラエルの建物は、今すぐ登録して新しい、はるかに大きい戦争、対イランです。を販売するときにしたい、または米国の大手石油会社の中国での熱狂をより詳細に最愛のグローバル化の課題は、アメリカがないため、正規の考えです。おそらくないにはユダヤ人のより良い方法を特徴付ける主要supremacists whoは、このようなスキームやサポートの背後には本当にばかげている。精神的に思慮分別のないです。もっと非常識なことが明らかに対イラン戦争のときに核兵器を伴う可能性が非常にし、新しい世界戦争の可能性を意味する、とこの時期に核1つです。核の砂漠を支配し、これのは、これらの新ビジョンを短所は、道理にかなうしかextraterrestrials彼らは、自身のための必要性が非汚染された空気、水、食料、環境です。最後に彼らは他の人がいないと何も1つ以上を支配者とは、自身も死ぬ。このゆーとぴあはばかげている。

しかしそれは無意味なの権威としてのバージョンのユダヤ人の理想郷、これは、律法とタルムードに記載されています。ユダヤ人のゆーとぴあ(詳細については、ユダヤ人の理想郷マイケルhigger )は、唯物論、自然曇りです。これは単純な話をしてのみ、いわゆる"正義"は復活の日に生存し、ときにはユダヤ人の救世主です。ユダヤ人の正義はあくまでもwho piouslyその後のすべてのユダヤ人が法律や規制などの残忍なものは、正義と非ユダヤ人は、単にそれらwho提出して、ユダヤ人と彼らは、選択したマスターズを理解し、地球です。ユダヤ人の王が世界を支配して入力し、よりjerusalem 、どこに飾る金やダイヤモンドのすべての通りです。すべての富はエルサレムに向けられた。




私の心に浮かんだよう陰謀をモデルと同グループの両方の生き残り戦略モデルは、偉大な値は、補正することが、それは主にある質問の戦術、どちらがお勧めします。ダグラスと思うリードは、論争の系譜の存在を証明するには非常によく陰謀です。明らかにそれは社会の最上部には、政府は、国際金融やメディア、主にします。と明らかにこれは他にAPTを呼び出すことの冒頭にこのようないくつかの活動よりも後に、ときに持っていることがファッションです。陰謀が存在することができます今日はトップレベルと、ビルトインの秘密を守ることを通じて、ユダヤ教とユダヤ人社会、ストレッチダウンのレベルを下げるには、他のユダヤ人も告げず、これらの活動を非難するかもしれないと述べ、何もしないよりも約いたずら好きで、ときに彼らを話すアウトするべきです。と、おそらく就学許可証のグループに属してからいくつかの長所です。これはどのようなジェンティーレ大衆にも有罪を宣告した。多くの出現は、歴史との両方を通じて近年では、陰謀をポイントして活動します。の道"ホロコースト否定"が徐々に日常的にグループ化されcriminalizedや児童ポルノ、保管する方法のメディアが911ユダヤ人の知識を事前に国民のせんさくする。 1つのメディアとしての道を悪魔化、現在のイランの大統領の声を使用して、まったく同じうそをつく、その彼を計画してイスラエルを壊滅させる。 solszhenitsynされたりする方法以外の人を相手にリードを書き込んだ後、ラダグラス彼の2つのボリューム作業については、ユダヤ人のロシアでは、作業を英語に翻訳されていないにも、彼はノーベル賞受賞者です。

グループの戦略の1つのモデルを選んでいる場合、それを1つの場合よりも多くのユダヤ人の参加を制限して陰謀に関係する人のように、それと同時に言ってみれば、ユダヤ人にする方法となる"罪のない"との様々な損害賠償、 "彼ら"負わせるため、彼らだけヘルプすることはできませんれているように、衝動を持つかもしれないしている遺伝子を、マウスをキャッチ猫必要があります。と真実を近づくことがあります。する方法がとられている以上に多くの分野で数多くのユダヤ人、ユダヤ人との関係は、このような非常に長い期間内に、秘密を守ることに反対する陰謀話す。行動しなければ、良い意味での生存のメカニズムをグループとしては少数派には、道徳的な側面のままにしておくだけでも、この説明をする必要があります。 3部作の徹底をなし書かれたケビンマクドナルドは、任意のピアでこの種の研究、および多くの証拠は何が起きたのは、私の考えで、この作品のメインの強さです。


いくつかの近代的現象、すなわち第二次世界大戦後の現象は、それらの再評価は、 "精神疾患モデル"興味深いものです。そしてこの光私は比較して、他の2つです。

1 )の最初の行は、研究の出現-や、いわゆる"悪の科学" -と呼ばれる"p o nerology"した後ギリシャ語" p o neros"=悪(または"気に食わない") 、および"l o gionの複数形" =研究では、
2 ) 2番目は、急増するのを迷信、超自然と魔法のハリウッド映画や漫画からです。
3 ) 3番目の出現は、多くの精神的な自己改善のテクニックと、心理学に代わる新しい時代の波です。
4 )の4番目は、マスメディアの成長を信じられない、との濃度の国際大、匿名のお金は、ユダヤ人のユダヤ人の手や議題をサポートします。しかし、幸い、インターネットが出現したとしても、ここでは爆発と-はまだありません-かなり無料の媒体となるでしょう。
5 )最後に、侵略の色を白の国の人々の主導により、ユダヤ人の宣伝と破壊の法律、強制的に、これらの国で劇的に変わりつつある社会の現実と欧州の主要消失して人類は、長い目で見れば


これは非常に興味深い新しいアジ研です。これは、言い換えれば"悪の研究" (あるいは" lousiness " )または"悪の科学"や"科学のサイコ-病理学"です。 5つの研究者、 raine 、ウサギ、クレックレー、 lobaczewskiとどっしりとした、過去15年間に、どのような構成の行為を記述する試み、それが宗教と呼ばれる"悪"か、または何がよく精神病質または社会病と呼ばれる。彼らは孤立した約30の特徴として、個々の場合は精神病と言ってやる" 4非常にはっきりした形で、これらのは、懸念には根拠がある" -入力し、気を付けろ(詳細については、 "バーンズ日、 " 1月/ 2月です。 2 007年) 。その一方ではありませんさせることは、いくつかの精神病をし、時々刻々です。形質の鍵は:彼は(通常は男性)は、根本的自己中心的、ツルツル、うそをついて、整体、冷酷な、サディスト、集中的かつ、時には正気とは思えないほど大胆不敵です。

l.ロンハバード( whoは、自分自身が1つのオフしばしば非難され、これらのpsychopaths 、これしかし彼の観察にはありませんが無効です)含まれるものの特徴は、そのような人に対応する任意の改善しなかった-テクニックです。いくつかの特徴と言っては非常に正確に対応する"反ユダヤ主義の"ユダヤ人の行動を常同対象オフの履歴-そして今日はです。しかし、これらの研究者が見つかりましたsociopaths psychopathsまたは同じ割合で存在し、全人類の、すべての民族、彼らは精神的な機関ではめったにない、と研究者を検索して約4パーセントを構成する一般的な社会、および、はるかに高い割合社会層のトップは、これらの種類を求めるため、電力、と明らかに頻繁に取得してください。



を学んだ友人は私が説明して、そのユダヤ教の経典のみを省略している可能性が日付時刻のアレキサンダー大王とは何かそれ以前には、同じようにほとんどの物語です。ユダヤ教の高僧がうらやましくて学んだのヘレニズム文化の開花ので、圧倒的に周りに、彼らは多くのギリシャ語文章など、場所、神々 、特にそれらの値とし、背き上下逆さまに薄手の羨望と憎悪とは、自分の文章は、律法、その部族の制御を取得します。この方法では、例えば、愛の美しさと、ギリシャの知識は電源が上下逆さまに-とアダムとイブの物語を、 w hoが除名パラダイス、禁断の果実を食べることは、知恵/知識です。この5月には、不幸のルートに、もしそうなら-どうりで入力し、 2 .500年間の羨望の場合、憎悪、欺瞞と自己欺瞞がユダヤ人として左の人々は、トレースをします。

デビッドデュークとケビンマクドナルドも、何が起きたの説明を経由してユダヤ人を、世界に影響を与える、とデビッドデューク莫大な努力をすることがなければ、欧米の人々に目を覚ますの危険性を、かれらが民族的に浄化されたユダヤ人supremacistsのです。彼は邪悪のユダヤ人の非難はありませんが、自身は言う白人に対しては、これらのユダヤ人の権利を守るための試みです。と彼は言います、その彼は" 1つの自分自身の文化遺産を守ることを破壊せずに他人"との葉しておく。これは非常に高度な防衛の位置とすべきである。

しかし、精神病質の要素を理解することは非常に重要なのは、あまりにも、我々の防衛です。発見に役立つかもしれないが、これらのテクニックpsychopaths -ロンハバード、実際に高度なテクニックのセクション全体を扱うには、と私の知る限りでは、非常に驚異的影響を及ぼすのはあまりにもハードコアの種類です。それまでの間、人類は他の正常な部分を見によく理解し、どのようなことはこのような動作をします。



ビジョンを示すため、昔からのユダヤ人やゆーとぴあは非常に悪い無意味なので、決して救世主と来た時、があったいつもは、ユダヤ人の生命、精神的に強い/魔法の底流、これは、補償の欠如、常識を持っては、救世主的な救助メッセージを表示します。神秘的存在としてユダヤ人の陰謀ことを学んだ律法学者の間の間隔が勃発するとユダヤ人のうちの下位クラスとして薄手の信仰を迷信と魔術、とは、これくらいの部分がユダヤ人の生命、それは、私の意見で、それくらい良い特徴何よりもユダヤ人のイデオロギー:マジックと超人的な能力(ポールジョンソンの歴史を参照し、ユダヤ人) 。 -今すぐ持つことは危険だと、私の考えで、非常に影響力の復帰の多くは、ハリウッド映画や漫画からです。復活を持つことも、ユダヤ人の成長に関心をcabbala 、と私が思うに、魔法の力は、現実に多くのユダヤ人〜 who鉛や精神的なトレーニングは、新しい時代の動きです。その他にも多くの可能性があります。しかし、彼らは超人的な過激派ユダヤ人を本当に信じています。 (詳細については、 " " chabad lubavich "運動のホームページまたはこれらの引用符をデビッドデューク)です。魔法の能力が存在するかどうかよく分かりませんが、しかし、私は特定のルールして、同じように人間の魂を排除ではない、私の知る限り、どんなに多くの精神的な形質には遺伝的基盤ように見える。と思うことは非常に多くの問題で定義されて、私の力があると思われるが存在する場合、これの物理的な宇宙の結果を確実にします。とは、おそらくこの分野で大きな発見を待ってください。私たちのユダヤ人のフィールドをつけっ放しにする必要がありますので、気味の悪いようです。ユダヤ人の道私たちの努力が見られる我々の社会の現実を変更するには、マスメディアの武器を活用し、主には、このような現象ではない。共産主義は、実際には作品の黒魔術です。それは、レイプの現実です。また、マスメディアの武器に依存して宣伝を維持するとユダヤ教の宗教的な状態をvictimhood 6000000毒ガスです。との世代の魔法の海で育った漫画や映画では現実と非現実の境界線がぼやけて、簡単に犠牲者のためにすべての新規作成や現実には、ユダヤ人至上主義者と思われるかもしれません。



私たちは必要なヘルプは、技術やシステムを得る人々が目を覚ますの自殺から、唯物眠り、それがこの分野での心、それは、心と心の戦いが繰り広げられています。これは、基本的な理解ダグラスリード、 ivorベンソン、デビッドデューク大学と国家の指導者同盟と同様のグループ、およびそれらはすべての欲求不満は非常に難しいので、白の人々に目を覚ます。受入しなければならないため、精神的な技術開発をして場所やコラボレーションの両方に使われることができる人々をよりよく洗脳のための手助けをして幸せに目を覚ますと他の人々と効果的です。私はいくつかのシステムにしようとする自分自身、サイエントロジー、徹底的に、教育やランドマークknowledgism 、あまり徹底的に、プラスその他、と私は確信自己開発路線の多くの人々は仕事をします。ご連絡はナンセンスで道に迷うが、ご連絡のためにも捨てるヘルプ軽蔑の実行全体のアジ研です。ご連絡実感して男の研究のユダヤ人に支配されてきた、とご連絡をするの建物に巻き込まれる真の科学の男たちです。私は自己開発に携わるすべての組織です。とサイエントロジー-組織は1978年以来です。しかし、このフィールドには常に興味を持てなかった、と私の見るところで、科学としての核の男を反映している。私が言いたいことは、その多くは、テクニック、これl.ロンハバード提示して国民に自己啓発のために使われる、数千人の人々が実際に助け、私は個人的に感じていました作業、およびいくつかの効果が人々を作る目を覚ますと命の責任を取る、には他の電力では日常のです。ハバードは他の人から、その後はより多くのハバードです。と呼ばれる彼は"ヘンリーフォードは、オカルト"をもたらす-可能性-オカルトの技術を普通の人々です。彼は、人間の潜在的な運動を節目に、私は彼擬人化するための"精神的なモデル"と"人間の潜在的な運動"にもかかわらず、周囲の多くの論争の彼と彼の組織です。いくつかのテクニックかどうかは、長い伝統には、哲学やオカルトか、または簡単に説明できるかどうかの点でよく知られて、自然の容量的には人間、しなければならないために積極的に使用して生き残った私たちが原因で発生するとヨーロッパのように白いヨークのユダヤ人の世界をリッディングです。にもかかわらず、実際には、その運動の精神分析は、フロイトやその他のユダヤ人に支配され、およびさにもかかわらずという事実を立証することはできませんかどうか私たちは、精神的な魂かどうか、私たちが必要とは、このような技術から利益を得る、と私たちは残す私たちのフィールドを、ユダヤ人は危険です。



マスメディアの力を飛躍的に成長ダグラスリード以来書いたこと( 1953年から1956年) 。完全に電源を作成するに現実に合成され、これらのメディア、特に若い世代に来るとは、素晴らしいです。ユダヤ人は、かなり簡単に作成するに現実には、 600万人のユダヤ人が毒ガスで、彼らかもしれないか何かを作成したい、真理に関係なく、歴史的、物理的な現実には、かれら自身の事実上のすべての質量と直接マスコミは、ゆっくりと彼らは両方の引き下げ道徳的基準とする能力を別々の現実から非現実的、との場合"非現実"入力し、ルール、それは"現実"ではなく現実に楽しいの白い人々は、今すぐ知ってのとおりです。このカウンタの開発しなければならないことを最高の露出の洗脳-テクニック、それが就職しており、また、私が思うに、これを行うにしなければならない他のいくつかの並べ替えを奨励する"モーニング"コース、および持って自分が判明しました。多分アイデアを開始することがフォーラムのような経験を交換する" stormfront "です。インターネットの奇跡は、我々の味方、私たち主な武器は、しかし、徐々に、ブーメランの質量-メディアとしての力を有効策に反対することbrainwashersです。万事うまくいって今日のため50年前に比べはるかに高速、しかし、世界の噴火は、ユダヤ人問題の影響をもたらす多くのグループにも反対するユダヤ人の世界征服です。亜鉛めっき参照しているだけの抵抗をどのようイスラム教徒とユダヤ人の優位性のクレンジングです。の主なオブジェクトは、この戦いの舵取りを無料で、暴力と〜することを"ビロード革命"反対するユダヤ人のくびきです。検閲法は、 "人権"と人種差別の非難を効果的に使用されることに反対のユダヤ人supremacistsし、正常に使用されてきましたので、ロシアとウクライナのです。のテーマを"悪"と"精神疾患" 、これは非常に広く使われてユダヤ人に対するsupremacists gentilesされ、反対周りで簡単に有効です。それがなされなければならない、と文明の平和的な方法です。しかし、ダグラスリード説明は、論争の系譜-の章"破壊ミッション" 、 "良きユダヤ人"がバインドされるの西側世界のメンバを破壊します。

このようにするの理解を深めても爆発的に成長しているインターネットサイト" ziopedia " 、実行されると彼のアイデアのアンドリューウィンクラーを開始する"ユダヤ人匿名"運動のような"アルコール匿名" -を離乳させるからユダヤ人のユダヤ人です。ヘルプしなければならないし、この中から自分を守る彼らのすべてのスキームに沿っています。



最後に、欧米諸国と、色の侵略を最も危険な武器は、ユダヤ人はまだ使われ、使用して目を覚ますとしなければならない西洋の危険性を前にしても遅過ぎる。この侵攻は、時間は存在しなかったダグラスリードを書いた本、それは非常によく文書化されケビンマクドナルドとデビッドデューク、ユダヤ人がどのようにこの侵攻を主導の西、および何の目的です。これははずの最後のクーデターデ猶予反対の白いレースに参加し、他のすべてのプログラムが破壊さも置く"オーバードライブ" :多文化宣伝、集荷の所有権を西は合併のすべての値は、取る- oversでも民間住宅ローンの上にある煙突までです。まだ他の戦争を求めると、 1つの対イラン今すぐかもしれないし、それらのネオ- Conの非常識な個人が、完全に従順なアメリカンプレジデントwhoはその数年の入札はまだありません。